PCやスマホで調べればインターネットで見られる世界で・・

どうもパソコンやスマホは便利でインターネットのエリアには、…

世の中は便利になったものでスマホを使えばインターネット上では、「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが数限りなく存在します。その多くのサイトから自身の目的に合った転職先というのを見つけるにはまずは情報が大事ですから収集です。こんな「転職サイト」をうまく使うことで、効率的に転職を叶えられます。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた有益な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

「就職エージェント」大手には、多くの案件を抱えている…

大きな転職エージェントは、豊富な案件があるという強みがありますが、それに比例するように、転職を希望するライバルも多くいます。そのためあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェントの担当者が無理だと判断すると応募してもらえない場合もあります。さらに、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいれば、その人を優先して送り込む傾向があります。このように大規模な転職エージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており応募することが困難なので、策略を変更して中小規模のエージェントに応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないか話しをしてみると、自分のためにアプローチしてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

もしもあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」にお…

仮にあなたが転職を希望したとき、U・J・Iターンで大都市から地方に移って再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。一昔前とは違い求人情報サイトを見れば、国内のあらゆる場所の求人情報にも簡単に得られますが、しかしながら、郊外や地方での求人の場合、募集してる企業や会社の数自体が少ないのが欠点といえます。なので、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもしっかり確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートの有無も見ておくと間違いがありません。

看護師|人生で初めて転職をするとき、気を付けるべきことはどうして今の仕事を去らなければいけないのか・・

はじめて転職をする場合、頭に入れておかなければいけないのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかについて明確にしておくことだといえるでしょう。その理由が根本問題なので、必ずやっておきましょう。その後問題を解決できるであろう会社を選ぶのです。社会に出てからの転職活動は、在学中の就職活動とは違い、働きながら転職活動を行っていくため、時間と体力が必要不可欠です。それがためにハッキリした理由がないまま転職活動をしてしまうと、途中で行き詰まってしまう可能性もあります。「なんとしても転職したい!」「現状をゼッタイに変えたい!」という感じの強固な気持ちがない間は、転職活動にゴーサインを出すことはしないほうが良いでしょう。

看護師|未経験の業界などに転身する際には、前の職場で培ってきた腕前…

初挑戦の業種などに転身する際には、自分が以前の職で培ってきた能力やこれまでの経験値が生かせるという内容のアピールがいるようになります。経験をしたことのない業界の場合、経験していない分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも損にはなりますが、自分の持っている力がその業界においても十分に生きるということを相手に伝えれば、勝負になるケースは多くあります。それゆえ、未経験のジャンルにチャレンジする際には、その業界とこれまで自分が働いてきた職務との関係性を可能な限り探しましょう。

就職のため仕事探しをする場合に気を付けたほうがよい求人の募集内容は、…

就職活動をするときに注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長いものです。このような案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースがとても多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間、45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、前もって給料形態に残業代を含んでおく、といったものになります。(ちなみに、これは合法です)もし『みなし残業代35時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代も含めてこれだけの給料です」という意味になるわけです。ただし、悪質な求人には『みなし』という言葉自体が場合もあるので、気を付けてください。

私たちの社会的環境において、将来、どんどん思考を必要としない仕・・

これからぐんぐんとシンプルな作業は機械に切り替えられてその変化によって人手は縮小させられてしまいます。なぜかというと、単純労働の場合は、人よりも機械で作業するほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動作を延々と反復したりすることは機械には何の苦もないのです。当たり前のことながら人間とは違って愚痴は言わないし、疲れないし、誤魔化すこともないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。また、人と違って賃金が発生しないのも違いですね。こういった点から、生身の人間を使う意味が無いため、機械にシフトされるもの必然ともいえますね。