看護師転職

転職したケースでは、高い確率で前の仕事での多くの出来事は美化されます。

転職した際には、高確率で以前の仕事は出来事は美化されます。実際には現在の待遇に満足できないから、良い方向に進みたいとやっと転職することになったのに、気が付けばなぜかわからないけれど転職後の会社よりも「前の職場のほうが良いのでは?」と思ってくるのです。それというのも至って当たり前で、前職では日々の仕事に慣れ切っていて事もなくやるべき仕事が淡々とできていたからというのがもっとも理由にあると思います。
看護師転職

看護師|新しい転職先で、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事についてすぐはすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。転職1年目の段階では、おおむね「試用期間」を含んでいるというのが可能性は少なくありません。私自身の例では、労力を費やして転職したというのに、なんと以前いた会社での年収とあんまり同じ額で変わりませんでした。
看護師転職

看護師|安定した暮らしを手に入れるために正規の雇用社員として働こうと考えている人は…

安定的な暮らしを送りたいと正規社員になりたいと思っている人は多いのが現実だと思います。だが、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っても、正社員として採用されることが実現しないこともあります。契約社員の求人があるのに正社員の求人以外はスルーして時間を無駄にしてしまっているようです。
看護師転職

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合…

求人についての広告には、多くの企業では月の収入の記載に目が行きますよね。でもこの月収をチェックする時には、しっかり確認する事が大事です。数値だけでわかってしまってはいけません。そのわけはもしかすると、月収の金額のなかに「毎月30時間の残業」が条件になっているかもしれません。
看護師転職

昔の求人誌では、募集条件の中に「性別」について、きちんと明記されていました。

何年か前までの求人誌には、募集要項の中に「性別」まで、明確に記載されていました。ところが今では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用する際、男女の差別があってはいけないルールが決まり、応募資格に「性別」が無記載となりました。とはいえ、募集する企業側には男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。
看護師転職

転社を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。

転職を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。スキルを向上させることもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を鍛えるのには良い情報は誰でも知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を鍛えさせてくれます。
看護師転職

全く経験のない業界などに転職するときには、自分の以前の仕事…

経験したことがない業種などに職を移そうとするときには、前の仕事で身に付けた能力やこれまでやってきたことを生かすことができるという内容のアピールが必要になります。経験をしたことのない業界の場合、その分その業界を経験している人よりも不公平な状態になりますが、自分の持っているスキルがその業界でも十分に生かすことができるということをしっかりと相手に話すことができれば、勝負になる場合も考えられます。
看護師転職

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

就職活動において、カギになるのは年収です。面接の時、現職の年収、そして今後の希望年収額について質問を受けることになるでしょう。ここで現実の年収より多く言って、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には後からバレてしまいます。
看護師転職

転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動する人は年々増加しています。

転職サイトあるいは転職エージェントを用いて、転職活動する人は少なくありません。そうとはいえ、それと同時に転職フェアも併用されることをお勧めします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、そこに足を運べば複数の企業についての情報を得ることができ、それに加え、説明員等の雰囲気から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。
看護師転職

転職活動を行う際は、まず必ず自身の心が沈着であるということを…

転職をする活動をしている最中は、必ず自分の内心がスッキリしていることを忘れないようにしたいものです。在職中に転職をする活動をしている場合、それほどには気にする必要はありませんが、退職の後に行う際には、人というものは内心が焦ってしまいます。なので、冷静に活動を続けましょう。