長く接客関係で勤務を続けてきましたが、加齢のせいか立って行わなければいけない仕事…

ずっと接客関係で働き続けてきましたが、加齢とともに立ち続けるお仕事は…

長期間接客業で仕事を続けてきたのですが、加齢が原因か立ち続ける必要のある仕事は体力的にハードで、座って仕事を続けられるオフィスワークへの転職を目標にして活動をしました。事務未経験となると少々難しく、そこで接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと思い資格も獲得し個人の病院に転職しました。ベテランのパートさんばかりに囲まれて人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた時より帰宅も遅いのですが、とにかく今はキャリアの形成時期と思って仕事を続けます。

看護師という職業の人のそれ以外の仕事に転職の理由はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師という職の人のそれと違う職に転職する原因は人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると看護師でありながらの転職には「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚してから配偶者のこともあって出産、子育てそのうえに親の介護など、身近な家庭環境の変化によって今までのようには今の仕事を続けられなくなっている」「給与とキャリアとのバランスに不満がある」というような問題が考えられます。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を決める前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、頭を冷やして冷静に、現状を見つめ直すことも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみましょう。

新しい仕事で、それまでに培ってきたキャリアを生かすことができれば、…

新しい勤め先で、今までに培ってきたスキル・キャリア生かすことができたら即戦力として周囲から高く評価されて、早々に職場にも馴染めるはずです。人を募集している会社側としても、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、容易だといえます。しかも、過去の働いていた職場と似た内容であれば見通しはおおいにあります。けれども、それなりにスキルがあるといっても大手企業の事務仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、昔と変わらずかなりの難関になることを覚悟しておいたほうが良いです。

転職活動中の採用面接での、多数の人が考え違いをしているのですが…

転職の際に外せない面接でのやめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりしていると、思いのほか逆効果になります。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接時は、「給与制度」などの、多数の人が触れにくい内容を勇気を持って質問しておいた方が、最終的に確実にあなたのためになります。実際には「そんな無神経なそういった内容を無神経に尋ねることで面接で良い結果が期待できないのではないか」と危惧する人もいるかもしれませんが、けれども、意外と好印象を持ってもらえることは結果的には少なくないようです。このような「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実際には、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。ついつい面接結果に影響するのを恐れ、聞かないのも事実です。なので、勇気を出して質問をすることで、「正直な人だな」と格好の自己アピールとなるのです。

看護師|とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格しました。すぐ…

ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格しました。その後担当者から面接日時を告げられました。けれど、面接日当日、指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待っていると、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、驚くほどけだるい表情を見せ、かろうじて面接が終わりました。ところが、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、しびれを切らし、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。仕方がないのでまた問い合わせたところ意味が分からなかったのですが、「今回は見送らせてもらいました」とそう言われてすぐ、電話を切られました。私はしばらく絶句してしまったのですが、率直に、採用されなくて良かったとホッとしています。

近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合…

年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。これはあなたが働いている会社側が「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合で会社を辞める形になったなら、3か月の待機期間があるのですが、働いている会社都合や残業時間によってはただちにもらえる場合があります。ちなみに、「失業手当」の金額については、会社で最後に働いた月の直近の給料を軸に支給する額を計算するので会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

看護師|派遣会社に登録して仕事をする人が規制緩和以来、多くなってきています。

派遣会社を通して働く人が近頃は多くなっていますが、もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかをできる限り面接のときに確認しておいた方が無難でしょう。派遣業は、人手が必要な会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが大半です。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、悪い派遣業者では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないケースもあり得ます。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質である場合が多いので、極力別の派遣会社を利用されることを推奨します。