長きにわたって接客関係で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつ・・

看護師|長い間接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねると・・

長年接客業で仕事をしていたのですが、年のせいか座ることのできない仕事は体力的にしんどく、座って仕事を続けられるオフィスワークへ転職することを考えて活動しました。事務の経験がないとなると簡単にはいかず、接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと思い資格も取り個人医院に転職しました。周囲はベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業をしていた時よりも帰りも遅いわけですが、最初はキャリア形成の時と考えて我慢します。

それと違う職業に転職を決断する理由は、その人によりけりです。

看護師という仕事の人の他の仕事に転職に至る理由は、その人によって違うはずです。看護師が他の仕事への転職するには「職場環境に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産、子育てなど、いくつかの環境の変化など、今までのような仕事が難しくなってしまった」「今の稼ぎに不満がある」というような問題があり決して他人ごとではないはずです。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、実際に転職される前に転職したいと、頭を冷やしてリラックスしながら現状を客観視することも大切です。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断しておくと間違いありません。

看護師|再就職した会社で今までに培われてきた能力を発揮できれば・・

新しい職場で、それまでに身に付けた資格やキャリアをフル活用できれば、即戦力として活躍でき、割と早く職場で存在感を得られるでしょう。また雇用先もそのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、うまく事が運びやすいといえます。しかも、今までの仕事内容と近い内容であれば、転職は大変楽になるでしょう。けれども、それなりに能力があるといっても大手企業の事務系、公務員系の募集は、今も昔もかなりの難関ですから、覚悟を決めておきましょう。

転職のための面接では、やめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいと露骨なまで…

転職の際に欠かせない企業での採用面接でのしてはいけないのは良い印象を与えたいと度を超えた猫かぶりをすることです。すると残念ながら悪い結果を招くおそれがあります。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「産休」といったような、普通ならかなり質問しづらいことを勇気を出し尋ねておくと、最終的に確実に自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮な質問をすることで最終選考に悪い結果になるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、ところが、意外なことに、良い結果になることは最終的には少なくないようです。この手のお金や労働環境に対する内容は、実のところ、多くの人が知りたいと思っています。ついつい面接応募者の多くは、聞かないのも事実です。しかしながら、あえて踏み込んでおいたほうが、「正直な人だな」と思わせることができます。

ある古物商の会社で書類選考に合格したので、相手方から面接の日時を教えてもらいました。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。2、3日して相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。しかしながら、当日、指定場所まで行ってみると、なぜなのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。所長らしき人が面接に応じてくれましたが、だらしない態度を見せられ、淡々と面接を終えました。しかしながら、2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、いてもたってもいられず、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待っていましたが、ですが、これも来ず、仕方がないのでまた問い合わせたところ意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とします」、と一方的に電話を切られてしまいました。私は呆れ果てて言葉を失いましたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと痛感しています。

看護師|今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、…

近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、できれば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当は今働いている会社側で「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすればだれでももらえます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、状況によっては会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐに貰える可能性もあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の金額は、辞めた月の直近の給料を軸に支給する額を算出されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が最近では増える傾向にあります。

派遣会社に登録した上で仕事をする人が規制緩和の後、増えています。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかを可能であれば面接のときに質問しておいた方が無難でしょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りに手数料を徴収するシステムになっています。派遣会社の多くは、派遣労働者の取り分を公開していません。5割以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、情報開示をしてくれない業者も多く、ひどいケースでは、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースも珍しくありません。面接の際にきちんと返答しない会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、可能な限り異なる派遣会社で登録されることを推奨します。