違う職業に転職を決断するキッカケは、その人それぞれです。

看護師でありながら他の職に転職の理由はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師という仕事の人のそれと違う職業に転職する理由はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。考えてみると看護師からの転職するには「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚で家庭環境の変化によって出産と子育てそのうえに親の介護など、いろいろな環境の変化など、今までと同じような働けなくなってしまった」「収入に大きな不満がある」というような問題が考えられますね。しかしながら、それでも「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、ゆっくりじっくりとそして客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したうえで決断されることを強くお勧めします。

    看護師|あたらしい職場で今までに身に付けた能力を活かすことができれば…

  • 新しく就いた仕事でこれまでの資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として周囲から認められ、じきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。いい人を求人している会社サイドも、即戦力は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難しいことではありません。それに加えて過去の仕事と同じような業務内容なら転職はとても楽となります。しかし、即戦力となる基準があなたにあっても一流企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの世になっても、かなりの競争率だと覚悟しておきましょう。

    看護師|転職の際に欠かせない企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているので…

  • 転職を成功させるための会社での採用面接での勘違いしている人が多いのですが露骨なまでの猫かぶりしていると、はっきり言って不採用に直結してしまいます。ですから、思い切って面接時は、「ボーナス」など、多数の人がちょっと聞きにくいことも勇気を持って率直に訊いておいた方が、間違いなくあなたのためにもなります。実際には「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねることで結果が不採用になるのではないか」と危惧するかもしれません。しかし、意外なことに、プラスに作用することは最終的には少なくないようです。これらのことは実は面接時に実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいうものの、多数の人が気を遣いなかなか聞きづらいのも事実です。そこで、あえて踏み込んでおいたほうが、「こいつは他と違う」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

    とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。そ・・

  • ある古物商の会社で書類審査に受かったので、先方から面接日時を告げられました。ところが、当日、指定場所に向かうと、なぜなのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終やる気のなさそうな態度を見せて、かろうじて面接が終了しました。予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、待っていられず、私の側から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、再度問い合わせたところ、なんと、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とすぐに電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、正直、採用されなくて良かったと感謝しています。

    看護師|転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら・・

  • 今から転職される人で次までの仕事に期間がある方は「失業手当」をもらっておいた方がお得です。今働いている企業側がきちんと「雇用保険」を支払っていた場合は、失業手当を誰でも受け取ることができます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、状況によっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐもらえる場合があります。なお、失業手当の金額は最後となる月の近々の給料を基に割り出されるので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

    仕事をするために派遣会社に登録する人が規制緩和の…

  • 派遣会社に登録して仕事をする人が規制緩和以来、増える傾向にあります。派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでどのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを面接時に質問しておくことをオススメします。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収する仕組みです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることが大半です。5割以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらされないところも多く、悪い派遣会社では、2割しか労働者に還元しないということも決して少ないとはいえません。面接のときにきちんと返答しない会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでなるたけ別の派遣業者で登録されることを推奨します。

    看護師|これまで私は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を使っていました。

  • 以前の私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。というのもCMで有名な大手の転職サイトは、どうしても都心の求人情報だけだからです。そのために、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。いくらか給料や労働条件で差がありますが、古くから地域密着といった点ではとても信頼性が高いです。しかし、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と誤解している人もいるはずです。以外にも、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、もしも退職後の就職活動が不安な方は、ハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。転職サイトのように執拗な電話やメールが繰り返し来ることもありません。