近い将来、社会ではより一層シンプルな仕事は機械によ…

この先、社会的には着々とシンプルな作業は機械で対処されるようにな・・

将来的に、着実に思考を必要としない作業は機械化が進み、必要な労働人口は縮小していきます。というのは、短絡的な労働という観点ではヒト以上に機械で作業するほうが圧倒的に能力が高いからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順をずっと繰り返すことは機械では当然何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って文句を言わず、疲れもしない、インチキをすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。さらに、賃金を渡す必要もありません。というわけで、生身の人間を使う意味が到底無いことが明白で、機械にシフトされるもの自然の結果といえます。

看護師|転職活動で面接において必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていると面接時に絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、率直に話してもかまいませんが、これと違って転職理由について隠さずに伝えるのは賢明ではありません。例をあげれば給料・待遇に対する不満、上司とそりが合わないことなど、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。おそらく、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対抗して現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そのあと、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形でうまく話をすり替えましょう。

転職先での会社見学に参加するととても参考になります。

転職先の会社見学ができれば、たいへん参考になります。また、「職人」さんがいる会社では、スキルを近い距離で見られるのでワクワクします。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では絶対に見学者には、通常通りの仕事風景を見せてくれることは少ないです。例を挙げるとブルーワーカーなどの業種です。この分野では、癖の強い人が多いので入社してみないと、本当の姿はわからないものです。ですから、「見学現場=仕事現場」と解釈しないことが良いです。また、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は、倫理的にアウトですし、言語道断です。入社していない人間には、もしトラブルが発生してもそれに対する保証が無いので、仕事体験を勧められてもていねいに断ることが大事です。

転職活動を現職と並行している人が多いです。

転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。しかし、仕事をしつつ求人案件を探しながら応募したり、面接に行くのは精神面だけでなく肉体面も大変だといえるでしょう。今の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、書類選考をクリアし、面接前にキャンセルすると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、直接応募していたとしても、応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると覚えておきましょう。

転職する場合は、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思いますが…

転職時は、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは非常に有益です。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の復讐でそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソの書き込みだったなら、会社としては気にしなくてもいいはずです。ですが、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではいけないと考え、はやく炎上をしずめよう」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、好ましくない口コミが多いというのは、その分入社してからトラブルに遭遇する心配のあると判断して問題ないでしょう。そもそも、善良な会社だったら煙なんて立ちません。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

転職を繰り返さないためには、少しコツがいります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返しません。現在はネットもあるので、メンタル面を強くするヒントは誰でもカンタンに拾えます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職以外の行動によっても、精神面を強くすることができます。その典型例がズバリ「海外旅行」です。海外旅行に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接に行けば、これまでの面接とは違い胸を張った面接になるので良い方法です。ただし、退職して間もない頃は精神的に弱っていることが多いので、今後のために休業期間も必要です。

再就職する場合、相応の準備はやらなくてはいけません。

転職活動を進めるには、それなりの準備は必要です。その中でも目に見える「ファッション」は気になっている人も多いと思います。ただ、ここ数年の、採用面接では私服がOKな企業も多いので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に行く必要はありません。創業してすぐの企業などは、お堅い規則もないことが多く、私服で面接したほうが、良いイメージを持ってもらえます。そして、正装ではないので、フランクに話ができるのも魅力のひとつです。さらに私服であれば、面接の際に、服装の話題で盛り上がる可能性もありますから、うまくいけば面接担当の人から気に入られる期待もできます。というワケで、これから転職は会社の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で挑んで見るのも良いかもしれません。