転職活動中はとにかく、なにはともあれ常に自身の心が落ち着いて…

看護師|転職の活動をしているときは、最初にとにかく心がスッキリしてい・・

  • 転職の活動をしているときは、最初に必ず自身の心のうちがスッキリしていることを意識しましょう。在職中に転職のための活動をするのであれば、あんまり気にしなくても良いとは思いますが、退職の後にする場合には人というものは心が焦燥感が出てしまいがちです。であるので、気持ちを落ち着けながら活動することを忘れないようにしましょう。あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場のイメージを明確にしておき、そして、実際の職場におけるそれらが合致しているか、徹底的に見極めてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで良い転職先が容易に見つかるはずです。

  • 看護師|転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

  • 転職時の面接で面接官から「転職理由は?」といった形で、聞かれることはほぼ間違いありません。この時に、どんなにあなたが間違っていなくとも、前の職場の人づきあいや労働環境に関しての不満を絡めた返しなどは、絶対にしないほうが良いでしょう。というのも、仮にそういった不満を回答すると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを台無しにしてしまいかねません。面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが正解です。とにかく「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような未来形での話ぶりが担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

  • 看護師|転職を行うにあたって、当然仕事におけるやりがいアップも大事だ…

  • 転職を行うなら、言うまでもなく仕事のやりがいアップと共に加えて賃金が上がることも大事なポイントになりますから「年収サイト」に登録して今いろいろ研究をしています。全く同一の会社でその上全く同じ職種、経歴であるのに人によって広く違いがある場合も多くあって、ぶっちゃけて言うと面接の時質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いたのは誰かだいたい察しがついているのですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

  • 看護師|古来より”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでなくなっています。しかしながら、「転職」が当たり前になったからといっても、安易に考えるのは厳禁です。転職したいなら、適した時期というのも有るでしょう。基本として、現在の職場・仕事内容について、不満に思う点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は箇条書きにしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、再就職に役立ちます。そしてあなたが、いつか決断した時には行動を早めに取り、より良い仕事ができるように進めることも大事です。

  • 私は20代で転職を2度経験して、現在、資格を取る…

  • 20代に転職を2度行い、いまは資格取得のため、「派遣社員」で勤務しています。常勤での勤務ではないため、どうしても手取りが以前よりも少なくなりました。しかし、心と時間的な余裕ができました。たまに、もっと学生のうちに資格を手に入れて、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際、そのような人を見ると非常に羨ましいと見えたりもします。これまで、自分よりも上手くいっている人と比べ、劣等感を感じていましたが、しかし今では、結婚してがらりと生活そのものが大きく変化し、前よりも明確な進路ができて充実して毎日を過ごせるようになりました。

  • これはシフトの仕事についての話なのですが、決まった曜・・

  • 「シフト制」のある仕事についてです。特定の曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと考えているなら休む手順やシフトの提出方法については前もってたずねておいた方が良いです。過去に私は出産のため抜けた人の代役として、正社員の仕事についたのですが、土曜、日曜が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前にいた女性が土日は休むことなく出勤していたので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が交渉しないといけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い出す度、腹が立ってきます。

  • スムーズに転職したい時は、希望する企業相手というより…

  • 転職活動を成功させたい場合、企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」との勝負が大半といえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、ゼッタイにあまり意識せずに焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例を挙げるとお見合いのようなつもりでいる望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接によってまず最初にあなたの人柄や人間性を判定してもらうので悪い印象を与える態度は気をつけてぜったいに控えましょう。良識ある社会人らしさが伝わるように、状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。