転職活動中の面接に関して、やめておいたほうがよいの…

転職時の会社での面接での勘違いしている人が多いので・・

  • 転職時の採用面接では、勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまりあからさまな猫かぶりすることは、はっきり言って採用を逃してしまいます。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接の際は「給与システム」など、普通ならかなり質問しづらい内容を思い切って率直に尋ねておいた方が、最終的に自身のためにもなります。実際には「そのような無神経なそういった内容を無神経に尋ねたら、選考結果に落とされるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、ところが、かえってプラスに作用する可能性が高いといいます。これらのことはお金や労働環境に対する内容は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。けれども、面接に応募した人たちの多くは、なかなか聞きづらいのも事実です。けれども、ほんの少し勇気を出して質問することで「正直な人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。
  • とある古物商にて、書類選考をクリアして先方から面接の日時を指定してもらいました。

  • とある古物商のお店で、書類選考をパスしました。その後相手方から面接の日時を教えてもらいました。ところが、当日、行ってみると、相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。待たされたのち、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、呆れるほどやる気のなさそうな態度を見せて、なんとか面接を終えました。ですが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、しびれを切らし、私のほうから問い合わせてみると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでそこで再度問い合わせると、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とその直後、電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ果てて言葉を失いましたが、正直、採用されなくて良かったと痛感しています。
  • 看護師|転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら…

  • これから転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは所属する会社がもし「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、働いている企業の都合での退職や、残業時間によっては、すぐにもらえる場合もあります。さらに支給される「失業手当」の金額については、最後に働いた月の近々の給料をもとに計算されるので、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 看護師|派遣会社に登録し、仕事をする人が近時多くなってきています。

  • 派遣会社に登録して働いている人が最近では増えてきていますが、今後、あなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかをなるたけ面接のときに聞いておきましょう。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払う仕組みになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。半分を超える額を還元しているのであれば、比較的良いのですが、中には開示すらしない派遣業者も多く、気が付くと3割しか支払われていなかった場合も珍しくありません。面接の際にあいまいな返答しかしない会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでできることなら別の派遣会社で登録されることを推奨します。
  • 今まで私は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を使っていました。

  • 今まで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、なぜか都心の企業の求人がほとんどだからです。であったため、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、求人募集をする多少給料や労働条件で差がありますが、地域密着タイプなので安心して面接に進むことができます。しかし、「どんな求人があるかわからない」と誤解している人がかなり多いと思います。ですが、転職サイトには掲載されていない求人があるので、もし転職を本気で検討しているのなら、ハローワークに足を運んでみてください。転職サイトのように大量のニュースレターの心配もありません。
  • 私は以前ずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルも本当にまちまちでほぼ不満足を感じるアドバイザーでした。私にとっては人生の大事な事なのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという考えが積もってしまいました。そのことが契機となって私はキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得にはお金も必要だったし資格取得のための勉強の面もハードなわけですが、お仕事を探している方から頼みとされるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。
  • 看護師|再就職の際に行われる面接というのは、中堅企業クラスの場合・・

  • 再就職のための採用面接では、小規模業者クラスの場合「人事」が面接官ですが、例外もあるはずです。実際にこれから職場でかかわりの深くなる現場の責任者、というような役職クラスである課長や部長が面接を担当する可能性も考えられます。とりわけ、事務職や営業職といったカテゴリでは、資格のみでは人の良し悪しを判断しづらいですから、自信をもって自分をアピールしていくことが大事です。面接担当者から「この人はしっかり自己アピールできるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大切です。