転職活動中に、面接のときに高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

看護師|転職活動をしている際に、面接で高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動中に、面接で例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由について正直に伝えるのは問題です。例をあげれば給与の不満、同僚や上司とのトラブルなど、面接担当者によいイメージを与えるものではありません。もっとも、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、遠回しに聞き出そうとしてきます。現職の不満を回答しないためには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そしてさらに、この企業に入社してこういうことをしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で未来志向な志望動機に変えていきましょう。

看護師|転職したいと考えている会社で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。

転職先で見学などがあると非常に勉強になります。そのなかでも「職人」さんがいる会社では、スキルを近くで見られるため、気持ちが高ぶります。しかしながら「職人」がいる会社見学ではゼッタイに見学者には、日常の仕事風景を見せてくれることは少ないです。その最たるものが、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。個人のアクが出やすい業種なので、入社してからでないと、実際の姿はわかりません。そのため、見学だけの仕事だと思わないことがたいへん重要なのです。加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は、問題があるので言語道断といえます。入社していない人には問題が発生したとしても、それに対する保証など一切ありません。仮に、勧められても丁寧に断るとこが大切です。

看護師|転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。しかし、忙しく仕事をしつつ求人を探しながら応募したり、面接に臨むのは精神も肉体もきついものがありますよね。また、転職活動時は、今の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、それとは異なり自分で直接、応募したとしても相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と認識しておく必要があります。

転職活動を行うとき、いろんな方法で情報を収集することが多いと思います・・

転職活動を行う際、様々な手段で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に有益です。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の報復によってその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、別の視点から見れば、投稿の内容が嘘であれば、会社としては放っておけばいいようにも思えます。とはいっても、実際には『クロ』で「これではいけないと思い、急いで火消しをしよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、それだけトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと考えてもいいと思います。人もそうですが、いい会社にはトラブルなど起こりません。

看護師|転社を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。

転社を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。現在は、インターネットを使ってメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でもカンタンに拾えます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を強くすることができます。その典型例が「海外旅行」です。海外旅行に行くと、日本では考えられないような文化があったりと、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま(転職のための)面接に行けば、これまでとは違って自信満々に自己アピールができるはずです。ただ、退職して間もない頃は精神面がもろくなっている人も多いので休む期間も必要です。

転職をスムーズに行いたい場合、準備は必要です。

転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、目に映る「服装」は、誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。ただ、昨今の、面接に関しては、形式ばらない服装がOKなところも多いので、ビジネススーツで決めて行く必要がないケースもあります。会社の設立したての新規の企業などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、印象が良くなります。そして、フランクに話ができるのも魅力のひとつです。また、私服であれば面接のなかで、ファッションについて、話が広がることもあります。ですから、面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、面接にトライするなら「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

あなたがもしも、「転職サイト」を利用して自分の希望条件に合っ…

会社の将来性に不安を感じ、転職サイトで自らにぴったりの魅力的な企業情報をチェックしているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録を終え、その場で紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることが可能な公開求人とは異なります。なにせ、どう比べても、比べ物にならないレベルでたいへん質が良いといえます。それから、あなたの条件に合ったものを調べたうえで、紹介してくれます。そういうわけで、理想にとても近い、、職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。仮に、同一の求人に出くわすとしても、あなたがひとりで行き当たりばったりに調べるのと比べればとても効率はいいですし、たいへん試しておく価値はあります。