転職活動を行う際は、まず必ず自身の心が沈着であるということを…

転職の活動をしているときは、とにかく自身の心が落ち着いて…

  • 転職をするための活動を行う際は、なにはともあれゼッタイに自分の内心が慌てないということを重要視したいものです。まだ会社の仕事を辞めないで転職のための活動される場合は、たいして気にしなくても良いとは思いますが、退職後に行う際は、やはり心のうちが焦ってしまいます。そのため、気持ちを落ち着けながら活動を続けましょう。将来、自分でやってみたい業務、理想とする職場の雰囲気を明確にしておき、そのイメージを実際の職場におけるそれらが合致しているか否か、再度、冷静になって見極めてみてください。この手間を掛けることで満足いく転職が実現します。

    転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職時の面接では人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、訊かれると思います。その際、どんな訳があっても、以前の職場の人づきあいや働く環境についての不満やトラブルを絡めた返しは、可能な限り控えたほうがいいでしょう。もしも、こういった話をしてしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスを水の泡にしてしまいかねません。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのが大切で、まずは「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、会社の成長をサポートできればと思っています。」のような未来に目を向ける形が理想です。

    転職先を決める際、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも大事だけど…

  • 転職をするにあたって、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも大事だけどさらに給料が増えることも大切なので「年収サイト」というところに登録して事前に調査をしています。同じ会社で加えて全く同一の職種、社歴であるのに人によってずいぶんと違いがある場合も多数あり、ぶっちゃけて言うと面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた人間について誰であるのかだいたい予測はついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

    看護師|古来より日本には”石の上にも3年”というコトワザがあります…

  • 古来より「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。ですが、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。転職しようと考える場合、時期というのも有るでしょう。その基本として、現在の職場・仕事について具体的に、なにが嫌なのか、約10項目書き出してみてください。そうすることで、再就職がスムーズになるはずです。そして決断したら素早く、今より良い仕事を手に入れるべく努力していきましょう。

    看護師|20代の時点で転職を2回し、現在は資格を取得したいの・・

  • 私はこれまでに20代で転職を2回経験し、そして現在、資格の勉強をしながら、派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務を選択しなかったので手取りは以前よりも少ないです。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時に資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、きちんと資格を活かしている人を見ると私もああなりたかったと感じたりもします。前の私は、うまくいってる人と自分とを比較して、悩んでしまう日もありました。しかし現在では、結婚し、生活環境が変わった今、以前よりも明確な進路ができて毎日が充実しています。

    看護師|これはシフトの仕事についての話です。

  • これはシフト制の仕事についての話です。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休む手順やシフトの出し方については面接時にチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、私は過去に、産休で抜けた人の代理として正社員として入ったのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「代わりに出ていただけませんか?」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い返してみると「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

    看護師|転職活動は、希望する企業そのもの、というよりもある意味、「担当面接官」…

  • 転職活動は、企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」との勝負ともいえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、はじめに面接が始まる前に焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。たとえばお見合いをする、といった気持ちでいる向かうのも大事でしょう。とくに面接がはじまるともっとも最初にあなたの人柄や人間性をチェックされるので悪い評価になるような身なりは気をつけて控えましょう。そしてモラルある社会人らしい身だしなみや服装を整えながら、あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、きっと自然と良い結果も出やすくなるでしょう。