転職活動を行う際に、会社を辞めてからという人もいるでしょう・・

看護師|職を変える際に、今働いている会社をきちんと退社してか…

  • 転職をしようとするときに、まずは勤務中の会社を辞職してから転職しようと考える人もいますが、そうであるならボーナスのことを考えておきましょう。社員にボーナスを出す会社はたくさん存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスをゲットできる時期が近いときには、ボーナスが振り込まれた後で退職届を提出するという方法も賢い方法です。ボーナスと言うものは随分大金なので、もらわないと損ということも言えますから、退職の時にはボーナスの時期を知っておくほうが堅実です。

  • 看護師|失業時にもらえる「失業保険」は、失業している間もらえる…

  • 失業することによって得られる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、ずっと給付されるわけではありません。離職時までに働いていた期間によって異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、驚くことに知らないで失業保険で生活すればいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急いで就業先を探し始めても好条件の仕事を見つけるのは難しいです。面接担当者が馬鹿である場合を除いて失業中に何をしていたかに関してはほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。もしかすると、面接担当者からそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、9割がた採用されません。

  • 看護師|昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。今の安倍政権では、「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たな経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策が日銀の金融政策とあいまって、財界・企業といった民間側からも今までとは違う明るい動向が著しく現れてきています。その変化の中で、企業伸長とともに今度は労働人口の減少による「人員不足」が社会問題として拡大しています。将来的に「外国人労働者」の総数を今以上に高めていく前提と現政権は宣言しています。転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

  • 看護師|転職サイトは大きなサイトであるほど案件が多いため、2~3社あまり・・

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほど豊富な量の転職情報が掲載されているため、だいたい2~3社ほどとりあえずはサイト登録して、勤務地と年収条件程度の条件一致でさらに条件に適合する案件が自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報を集めることが可能です。しかし、初めに限っては登録するのが本当に大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録をする第一回目は時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新規案件を確認するだけでOKなので、後のことを考えれば、初めにきちんと準備しておくことを心がけましょう。

  • 働くにあたって精神的なダメージが蓄積されてしまい、転職せざる負えなくなってしまった時に…

  • 職場環境のせいで精神的に相当につらくなってしまい、転職せざるを得ない状況になったのなら、そのときは、会社(の関係者)と相談していくより家族に話を聞いてもらい会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜそのほうが良いのかというと、働くことは自身のためでもあります。が、しかし同時に家族の問題でもあるのです。毎月、どんなに報酬が良いからといって、精神がダメージを負ってしまうまで働くのは好ましい状況とはいえません。現代は、物質的な豊かさよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にする生き方も徐々に増加傾向にあります。ですからあまり気にせず、あなたの身内とあなたの心と体の健康を考えていきましょう。

  • 最近は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようにな・・

  • 今日では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件関係の取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公開されるなど、厳罰を処するようになってきましたが、完璧ではありません。だから、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それぞれの項目について色々質問してみることからやってみましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」というようなはぐらかされるはずです。特に「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問責めすると、渋い表情を見せる場合が多いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社に入社すべきではありません。

  • 看護師|雇用期間中なら、できれば社内の人間にバレないよう(私の例で…

  • 就労期間中は、可能であれば、内密に、(私の例ですが)前職中に転職する考えだけを早い時期に周りの人に仄めかして反応を見ました。とはいえ、その顎、求人情報を探していたのですが、思いとは裏腹に働く先やタイミングさえも何も決まらずズルズルと時が過ぎてしまい、社内では業務の引き継ぎや手続き、退職予定日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たのち、次の就業先を再度探しました。