転職活動を行うにあたっては、まず第一に求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで…

看護師|転職をするとき、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりし・・

  • 転職をする場合、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりして転職候補先の会社を調査するでしょう。しかしながら、当該会社が情報を公にする際には、、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。そのような類の社長の方針や社員の感想に関しては、そのままを信じるよりも、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、様々なイチャモンをつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。この種のブラック企業には注意が必要です。

    きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることの証明が必要になりますが、…

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、ですが、「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でものんびりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。というワケで、しっかり就職活動しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。毎月のハローワーク職員との面談は言うまでもなく必要ですが、その場で求人票を見ることは最低限やっておきましょう。真剣に探す気持ちが出ないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワーク職員との面談のときに、「納得できる条件の仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が意に反して今回はありませんでした」と相手に言い、次の機会に賭けましょう。

    看護師|転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールが呆れるくらい掛かってきます。

  • 転職サイトに登録した場合、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。これについて初めて利用する人は大変驚くケースがよくあります。転職エージェントは転職を後押しすることが仕事ですので、非常に積極的にかまえています。その中でも大手のエージェントは成就させると企業からお金がもらえる仕組みであるといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先させることがよくあります。「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出たその日に、入社を強引にすすめてくることが少なくありません。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職することがないように気をつけておきましょう。

    看護師|転職期間では無意識のうちに時間が有り余っている分、ダラダラとした生活になりやすいですよね。

  • 転職を決めるあいだは、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、だれた生活を送ってしまいがちです。・・であったとしても、そのような過ごし方は避けたほうが賢明です。人というのは、ダラけた生活が当たり前になると、「心」にも問題が出てくるからです。時間がたつにつれて、働く意欲を失い、お金に困る事態となりかねません。そうすると、悪いサイクルがさらにつづき、転職先をなかなか決められなくなります。転職先を決めることができないのは、給料を最優先に考えるからです。給料を第一に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をする意味でも、だらけきった生活は、(転職活動中には)不必要です。

    看護師|何年か前までの求人誌には、募集要項の中に「性別」まで・・

  • 数年前は求人情報では、募集要項の中に「性別」まで、書かれているのが一般的でした。しかしながら今現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が雇用の際にしてはいけないルールが敷かれ、応募条件の詳細に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。でも、求人を出す雇い主としては、性別に拘らず採用するとは限らないのです。現実に、実は男手が希望の業種に女性が応募したり、女性が必要な案件に男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もしも、「女性が活躍できる職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇用側が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいたほうが確実でしょう。

    看護師|女性が転職する時、セクハラが社会的に問題になる前と今・・

  • 女性の再就職に関しては、今現在と一昔前では少し状況が変わりつつあります。かつては面接のなかで会社側から、結婚観や出産後の仕事などに関して、質問されることが多くありました。しかし、今はそういったデリケートな内容は「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない会社、が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大企業の場合は、NG質問として神経を尖らせているようです。とはいえ実際、企業側は、YES・NO、の2択ではなく、その人の生き方「結婚後も働きたいのか」出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを知っておきたいとは思うはずです。あなたの考えを知っておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと併せて話すことで面接担当官にもしっかり伝わり、安心してもらえると思うのです。ですので、たとえ、質問されていない部分も、あなた自身から会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いです。

    転職をする際に面接で必ず聞かれるのが前の職場を辞め・・

  • 転職をする際で絶対といっていいほど尋ねられることが前職を退職した理由についてですが、この質問に回答する場合には話題を辞めた会社からそらしたほうが好ましいです。会社を辞めるに至った経緯が中心となり話が進むとどうしてもマイナス要素を含んだ話の内容になってしまうので。どういう風に話せばいいかと言えば、以前働いていた会社を退職したのはこちらの会社にどうしても入りたいという考えがあったからという話題に持っていくということで、自分が入りたい会社に内容を傾けていきましょう。転職理由でも、こういった話ならば、マイナス面を消し好印象の辞職の理由に聞こえます。