転職活動をスタートする際、まず働いている会社の退社手続きを終えて…

転職活動を行うときに、まずは勤務中の会社を辞職してか…

転職活動を行うときに、まずは今働いているところを辞めてからと考える方もいますが、先に辞職してから転職活動を開始しようと考えている人は会社がいつボーナスを出すかを考えておきましょう。ボーナスがもらえる会社はそこら中に存在しますがボーナスもらえる場合は、ボーナスが出る日まで長くないのであれば、支給日が過ぎるのを待って退職届を提出するという方法も悪くないです。ボーナスだとそこそこたくさんもらえると思うので、もらい損ねたら損ということも言えますから、辞職を考えたらいつボーナスが入るのかをまず確認しておいた方がボーナスをもらうのを忘れないと思います。

看護師|失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でなければもらえませんが・・

失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、ずっと給付されるわけではありません。それまで勤務してきた期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると思い込んでいつまでも遊んでいる人を見かけるが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから焦りつつ職探しをしたとしても良い結果にならないのは言うまでもありません。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった部分はだいたいバレると思っておくべきです。状況次第では、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、まず受からないでしょう。

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。今の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった新たに経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界や企業間ではあたらしい明るい動きが顕著に現れてきております。そのこともあって民間企業のあいだでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」が根深い問題となっています。ちなみに「外国人の労働者」の比率を今よりも増やしていく、であると現内閣は宣言しています。国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職といった状況にも、変化していくのは確実です。

転職サイトは、大手であるほどたくさんの案件が掲載されているた・・

転職サイトは大手サイトの方が掲載数も豊富なので、興味のある2,3の会社を、とりあえずはメンバー登録しておいて、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、次に条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。初めだけは登録するのに少しばかり手間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録をする第一回目は時間がやや掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備を抜かりなく行うことを心がけてください。

看護師|仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的に相当につらくなってしまい・・

仕事によって精神的なダメージがあり、転職を考えざるを得ない状況となったなら、職場の人と相談していくより自分の家族に話を聞いてもらい退職するかどうかを決めたほうがいいです。仕事をするということは当事者であるあなた自身のためでもありますが、身内の問題が第一にあるからです。毎月、どれだけ高い給料を得られたからといって、精神的に追い込まれるまで働くのは良い状態とは言えません。今の社会では、経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にしても良いはずです。ですからあまり気にせず、家族や、あなた自身の心身をいたわりましょう。

看護師|今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、…

現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、会社名が公表されたりと不利益を被る仕組みが出来てきましたが、完全には程遠いといえます。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。求人票等に書かれている労働条件をチェックし、ひとつひとつの項目について、あれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、結局は答えられなかったり逃げの姿勢に入ります。中でも給与や残業や休日に対しては、質問を重ねていくと困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも質問を止めずにいると、ふてくされたような態度になってくるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、変だと思ったら、その会社に入社すべきではありません。

就労であるのなら、できれば周りの人間にバレないよう…

就労期間中なら、出来るだけ社内の人間にバレないよう(私の転職活動では)雇用期間中に転業する考えをはじめのうちに周りの人に言ってみたことがありました。ところが、それから、求人情報を必死に探していたのですが、結局は転職先や転職するタイミングも何も決まらずズルズルと時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てには一方、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが段々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験したあとで、次の就業先を探すことになりました。