転職活動で面接において必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていて面接時に高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていて面接時に間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。このうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、これとは異なり転職理由について率直に話すのは問題です。例をあげれば給料に関する不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に悪い印象を持たれるものです。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そしてさらに、この会社に入ってこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、そのために御社に応募しました、と未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

転職しようと考えている会社での会社見学に参加すると良い勉強になります。

転職先の見学ができれば、たいへん参考になります。とりわけ、「職人」がいる会社見学は、スキルを近い距離で見られるので楽しくもなります。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ゼッタイに見学者には、通常通りの仕事風景を見せてくれることはまずありません。その傾向が強いのは「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この職種では、個人のプライドが強いので実際に働きだしてからでないと、本来の姿はみえないものです。そのため、会社見学で見たものを仕事内容だと考えないことが無難です。それに加えて、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから言語道断です。雇用契約を結んでない人には万が一トラブルが発生しても保証など一切ありません。仮に、勧められたとしても丁重に断ることが大事です。

転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。ただ、忙しく働きつつ求人情報を調べながら応募したり、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にも負担が大きいです。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。応募するだけしてみよう、という人がいますが、書類選考をクリアし、面接前にキャンセルすると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、直接応募していたとしても、相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ貴重な時間をムダにしかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しなければいけません。

看護師|転職活動を始めるにあたって、いろんな方法で情報を収集するのが通常だと思いますが…

転職活動を開始する際、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての「口コミサイト」は、とても利用価値があります。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復によってその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、裏を返すと、ウソの書き込みなら、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。とはいっても、実際は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、なんとか火消ししたい」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、それだけトラブルに遭遇する覚悟をする必要があるといえるでしょう。そもそも、いい会社だったらトラブルは発生しません。

看護師|退職と転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

退職と転職を度々しないためには、コツが要ります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を鍛えるのには良い情報はとてもたくさんあります。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動によっても、精神面を鍛えることができます。その最たる例はズバリ「外国に行くこと」ですね。外国は、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、刺激を受けることばかりです。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま、面接に向かうと、今までの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただし、退職後はメンタルが弱気になりやすいので、今後のために休業期間も必要です。

看護師|転職にあたって相応の準備はやらなくてはいけません。

転職活動を進めるには、相応の準備はしなければなりません。とくに、目に見える服装は誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。とはいえ、ここ最近の、企業面接では私服で良い会社もあるため、ビジネススーツを着て赴く必要はありません。とくに会社の創設してすぐの会社などは、お堅いルールもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、良いイメージを持ってもらえます。加えて、ざっくばらんに会話できるメリットも。さらに私服だと、面接のなかで、ファッションについて、話もしやすくなるため、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というわけで、今から転職にトライするなら「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

今あなたが、「転職サイト」を活用してあなたの活躍の場が広が・・

新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトで自らのライフスタイルに合ったストレスを感じずに働ける企業を探しているのなら、転職エージェントは絶対活用したほうがいいです。登録は簡単です。エージェントサービスの登録を終え、そのサービス内で紹介してもらえる仕事は、誰でもチェックできる公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比べ物にならないほどにとても高品質といえます。そればかりか、あなたの条件に合ったものを調査し、紹介してくれます。そのおかげで、かなりの精度で希望する自身の理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが自力で手当たり次第に探す手間を考えれば、相当に効率的です。そのうえたいへん確実です。