転職期間中は、知らず知らずのうちに時間があるため、ダラダラとした生活になりやすいですよね。

転職活動中は、無意識のうちに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい…

  • 転職期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕があるため、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。けれども、そんな風な過ごし方は危険です。人というのは、だらだらと過ごす生活が普通になると肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。気が付くと、働く気力がわかず、お金が回らなくなって困る事態となりかねません。そうなってしまうと、悪いサイクルができてしまい、転職先が見つからなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、給料を第一に考えるためです。給料を最優先に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、止めておきましょう。
  • 何年か前までは求人情報では、必要とする人材の「性別」ま・・

  • 前の求人誌に性別がもれなく明記されていました。しかしながら、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女差別が雇用の際にしてはいけないルールとなり、求人情報の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。ですが、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。現実に、本当は男性が希望の企業に女性が募集にやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してきたり、といった問題も無関係ではありません。もしも、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、会社側が働き手は女性を必要としている、と認識したほうが良いでしょう。
  • 女性が転職するに当たって、一昔前と今とで多少の違いがあります。

  • 女性が転職する際、数年前と現在とでは若干、違いがあります。前は面接のなかで、結婚の予定や結婚後の仕事など、ごく一般的なこととして女性たちへ質問していたのですが、今の社会では、こういった内容は、セクハラと企業側が捉え、質問を避ける会社が増えています。そして、特に大きな会社の場合は、タブーとして神経を尖らせているようです。とはいえ、面接する側としては、YES・NO、だけでなく、その人の考え、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な予定を知っておきたいと思うはずです。自分自身の考えを知っておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと並行して表現することで、面接担当官も考えがわかり、また、疑問も解消できると考えます。そういうわけで、質問されてない箇所についても、あなたが先んじて配慮し、答えてみると良いでしょう。
  • 看護師|転職時の面接で絶対に問いかけられるのが前職を退職し…

  • 再就職をする際に面接で行くと必ずと言っていいほど問いかけられるのが以前勤務していたところを退職した理由なわけです。このような質問になった場合には話の内容を退職した会社にしない方が賢明です。会社を辞めた経緯を的にしてしまうと絶対にマイナス面を伴った内容になってしまいます。ポイントとしては、なぜ前の会社を退職したのかという事をこちらの会社に絶対に入りたい理由があったからといった感じにすべきということで、自己アピールもかねて今、自分が入社したい会社にスポットを当てるべきなのです。面接を行っている会社の話であればマイナスではなく積極性を前面に押し出した退職理由に聞こえます。
  • 転職における面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。

  • 転職のための採用面接に転職希望の会社へ出向いたときのことです。たまたま会社で部屋が空きがないというわけで外部のとある場所で待ち合わせて採用面接が行われ、その場で解散をして、面接官も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、ところが下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車内でも彼と一緒におしゃべりをしながら帰宅することになって、おかけで緊張がなくなって面接しているよりも話が弾み、それが良かったのか何事もなく採用を獲得することができました。
  • 求人に関する情報をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、…

  • 求人サイトをチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業に目を通さない人がいますが、そういったことをしている人のほとんどは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。実際に、製造業での求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる職もかなりの数あります。ただ、製造業は往々にしてビジネス街と同じ環境ではないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。しかし、自身のエゴをなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。
  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接に臨むときには・・

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接にチャレンジする場合、さすがにジャケットまでは着込まなくても良いとはっきりと分かるわけです。ですが、ネクタイだけはしておいた方が間違いありません。タイにおいてもなくても大丈夫だと認めている企業もあるケースもなくはないです。ですが、ことネクタイについてはクールビズが推奨されていても身だしなみとしてしなければならないと思っている企業がそこそこ存在するわけです。そういった訳で、クールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイだけは絶対に着用いく方がベストであるということをお知らせしておきます。