転職時の面接の際に面接担当者から「転職理由をお聞かせくださ…

看護師|転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」と100%の確率で聞かれます。この時に、どのような理由であれ、過去の職場の「労働環境」「人づきあい」についての不満に受け止められる答えは、なるべく話すのはやめておきましょう。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用される可能性をダメにしてしまいかねません。面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが大事です。とにかく「新しい職場で、スキルを生かしながら、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」のような内容で自分を売り込むことが好印象となります。
  • 看護師|転職ならば、むろん仕事におけるやりがいアップと共に給料が上がること・・

  • 転職を行うにあたって、やりがいを考慮することも大切だけどそれだけでなく収入が上がることも大事なポイントになるから「年収サイト」というところに登録をしていろいろと調査をしています。同一の会社でしかも全く同じ職種、経歴であるにも関わらず人によってかなりの幅があることも多くあって、ぶっちゃけて言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「その高収入で書いているのは、書いた人間について誰か予測がついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の年収で心の準備をしておいてください」とのことでした。
  • 看護師|昔から日本には”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、現在の社会ではその背景を裏付けるかのように定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいうものの、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、安易に職を変えようとするのはキケンです。転職しようと考えるなら、時期を図る必要があります。まず、現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不満を感じる点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうしておくと、将来の転職活動に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、決断を遅らせることなく、今より良い職を手に入れるべくトライしていることも大切です。
  • 20代に転職を2回経験し、現在、資格取得の勉強をしながら、…

  • 私はこれまでに20代で転職を2回した為、現在は資格を手に入れたいので「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務ではないのでどうしても給料は以前よりも少ないです。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時にもっと資格を取得し、就職できれば良かったのに、とは思います。やはり、資格を活かしている人を見ると自分もこうなりたかったと思ってしまいます。今までは、自分よりも上手くいっている人と比べ、悩んでしまう日もありました。しかし今では、結婚を契機に随分と生活環境が大きく変わり、以前よりも将来の目標も決まり、充実して毎日を過ごせるようになりました。
  • 「シフト制」がある仕事についての話です。

  • シフトの業務についてです。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集する求人をけっこう見るのですが、休む方法の詳細やシフトの出し方については面接時に確認しておくべきです。私は以前出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが土日が固定シフトで新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前にいた人が「土日」にかならず出られる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人に「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。今思えばよく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • 看護師|転職活動では、希望する企業とのやりとりというより、どちらかというと「担当面接官」と…

  • 転職活動で大事なことは企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」との勝負と言ったほうが正しい気がします。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、はじめに面接だからといって焦らずに対応することを心がけましょう。女性とお見合いをする姿勢で向かうのも大事でしょう。更に大事なことは面接官に対してはまずはじめにあなたの「人間性」をチェックされるのでマイナスな印象につながる身なりは注意しやめましょう。なおかつ良識ある社会人らしさが伝わるように、面接に適した服装を意識しましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、自ずと良い結果を出せるはずです。
  • 転職エージェントと転職サイトを使って、転職活動する人は年々増加しています。

  • 転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動することは今では当たり前のことです。としても、転職の幅を広げたいのであれば、それに加えて転職フェアの利用がおすすめです。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、そこに足を運べばあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それに加え、説明員等を通じて、企業の雰囲気を肌で感じることができます。転職フェアに参加しようと思うなら、面接に行くつもりでしっかりと自分をアピールしましょう。仮にフェアの最中に企業に自分の魅力が伝われば、そのあとの面接に進む際にアドバンテージになるはずです。