転職時の面接で面接担当から「転職の理由は何ですか…

転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。面接官から「転職理由は?」と100%の確率で質問されます。その際、いかなる訳があったにせよ、以前の職場の人づきあいや働く環境に関しての不満ともとれる答えは、できるだけやめておいたほうが良いでしょう。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用されるチャンスを無駄にしてしまうことになります。そのため面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが正解なので、実際の理由とは違っていても、「新しい職場で、自分の能力を十分に発揮し、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のように仕事に対して前向きな受け答えが理想です。
  • 看護師|転職先を選ぶ際、むろんやりがいを考慮することも重要だけ…

  • 転職するなら、当然仕事におけるやりがいアップも大事だけど加えて収入が上がることも大事なポイントになりますから「年収比較サイト」に登録して前もって調査をしています。一緒の会社でしかも全く一緒の職種、経歴なのに人によって大きく違いがある場合も複数あり、ぶっちゃけて言うと面接で質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人物も誰であるのかそこそこは予測はついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。
  • 看護師|古来より日本には”石の上にも3年”という諺もありますが・・

  • 日本には昔から「石の上にも三年」という教訓があります。昨今、ないものと同然である「終身雇用制度」。「転職」を経験する人が増え、当たり前になりつつあります。しかしながら、誰もが簡単に転職できるやたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職を検討する際は、タイミングを図る必要があります。基本として、今現在の職場、仕事内容について具体的に、不服を感じる点を約10項目紙とペンを使い、リストにしてみましょう。この作業が、将来の転職活動に役立ちます。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、迷うことなく、よりキャリアアップできるように、がんばりましょう。
  • 20代前半に転職を2度経験して、そして今、複数の資格をとるため・・

  • 私は20代の時点で転職を2回し、いまは複数の資格をとるために、「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務ではないのでやはり毎月の収入は安くなりました。ですがその分、以前より心と時間に余裕ができました。たまに、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。実際、そういった人をみると私もこうなりたかったと思ったりもします。今の自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリする毎日でしたが、今は結婚し、私の生活環境も大きく変化し、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、自分の人生に満足できるようになりました。
  • 看護師|これはシフトの業務についてです。

  • シフトの仕事に関する話なのですが、一定の曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方をチェックしておいたほうが良いです。過去に私は産休で抜けた人の助っ人として、正社員として就職したのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトだったのですが、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前にいた人が土日に必ずでれる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?冷静に考えると、本当によく我慢してやってこれたと思います。
  • 転職活動といえば、企業そのものよりも、採用担当の面接係員と…

  • スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要といえます。其のためには、ゼッタイに面接が始まるときに焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。たとえば素敵な女性とお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと良いかもしれません。とくに面接官は最も最初にあなたの内面的な部分を判断されるので悪い評価になるような身なりは気をつけてゼッタイにやめましょう。社会人らしい面接に適した服装を意識しましょう。オーラを感じさせることができればいいです。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、きっと転職活動はかなり楽になります。
  • 転職サイトや転職エージェントを使用して、転職活動される人は多くなってきました。

  • 転職エージェントと転職サイトを用いて、転職活動を行う人はますます増えています。しかし、より確実に良い仕事を探したいのであれば、それに加えて転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加することによって複数の企業の情報に触れることができ、それに加え、説明員等を通じて、企業の個性を伺えるはずです。今後、転職フェアに参加する機会があった場合、1次面接に臨むつもりで準備することを怠らないようにしましょう。それが功を奏してフェアに参加している間に、企業側(の担当者に)認められれば、その後の本格的な面接時にかなり有利になります。