転職時の面接では、規模の小さい企業クラスの場合おおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官になります…

看護師|再就職の際の面接は、中堅企業だったら大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、…

  • 再就職をする時に受ける面接では、小企業であれば、概ねは人事担当者になりますが、どこでもそうとは限りません。例を挙げるなら、今後共に仕事をする作業部署の責任者、要は役職クラスである部長や課長が面接の場にいることも珍しくありません。とりわけ、事務系や営業系などの部署に転職する場合は、資格による具体的なイメージはありませんので、しっかり自分自身をアピールしていくことがとても必要であり大事なことです。面接担当の人たちに「この候補者はハッキリ自己主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。
  • 看護師|新卒で入社した会社を去り、悩んだ結果、転職すると決意しました。

  • 新卒で入社した会社を離れ、決意を新たに転職しました。会社を退職する前は、しばらく悩んでしまいました。でも、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用として働いている人が大半であると転職活動中に知り、いつの間にか将来の不安が解消していきました。また転職をしたことでふしぎなことに肩の荷が下りたような感じがして、自分に合った仕事見つけることが出来て毎日が充実したものになりました。やはり「辞めることが悪」というような意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私のケースでは転職をやって良かったと思っています。
  • 看護師|新しい会社の社員になりたいと転職をする活動をする人の大・・

  • もっと良い企業につきたいと転職をする活動をするとき、「1日でもはやく、内定(採用通知)がほしい」と考えがちです。しかし、それで通知ほしさのばかりに、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、また対称的に能力を安く見積もった言動はなるべく避けておきましょう。そうではなくて、焦る気持ちはガマンして、落ちついて自分の能力にあった職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経歴が生きるように、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を選択してみましょう。
  • 仮に、転身を意思を固めたのなら、徹底的に周囲の人間に…

  • もし、現職からの転業の決心を固めたなら、徹底的に周りの人間には内密にその意思を悟られないように、うまく転職活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、あくまでも周囲に気づかれないように通常通りに仕事をする方が利口です。その姿勢でいれば、もし仮に転職先探しがすんなり見つけられなくても、転身予定を延長しながら今の職をそれまで通りに継続しても容易にできます。でも軽はずみに「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、社内の人は、それに合わせて対応します。そればかりか社内の人間に「辞めるつもりです」と口にしたら、同僚からは「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。そうなってから「やっぱり退職しないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事を続けている限りは、身の置き所がないと感じるリスクもあるでしょう。
  • 看護師|数日前転職のために人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 先日仕事を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。そこでカウンセリングをするために出てきた担当の方が見たところ入社間もない新入社員で、私が説明した話の半分ほどもわかってはいない感じです!そのくせ「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが大事です」等、ベテランのように偉そうに言い散らかすので大変嫌な気分になりました。カウンセラーはいくらか仕事の経験がある人にしてほしいと感じます。
  • 転職を考える際、転職後の自分の給与ばかりを気にする人は・・

  • 転職をする場合、その職場の自分の給与ばかりを気にする人は、けっこう少数派でもないでしょう。とうぜん大半の人は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給料として手に入れるために精を出すはずです。年収は自身の社会的な価値を知る値という面もありますからとうぜん大切なものとして扱うのは当然なのですが、それにしても愚かにも年収というものばかりを執着しすぎる人生というのも考え気がするでしょう。それより収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充実を得られることが大いにあるものだからです。
  • 看護師|再就職する場合絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては…

  • 再就職する場合絶対に書かなければいけない履歴書や職務経歴書においてですが、基本的にはパソコンで作成するというのが多いです。現在の日本社会では履歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで作成するのが当たり前だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実は、転職については履歴書や職務経歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とはっきりとは言えません。手書きの履歴書や職務経歴書を評価する場合もありますけど、そうじゃないケースが徐々に増えてきているようなので、パソコンを使って作ったものでも良い場合はいくつもあるのです。