転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動する人は年々増加しています。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動される人は今では普通になってきました。

転職サイトや転職エージェントを使用して、転職活動をする人はますます増えています。とはいっても、転職先を確実に見つけたいのであれば、それに加えて転職フェアの積極的活動をおすすめします。多くの企業が一堂に会し、そこに足を運ぶことにより多くの企業に関する情報を得ることができ、加えて、説明員等を通じて、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。もしも、転職フェアに行く機会があれば、1次面接を受けるつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。それが奏功してフェアの最中に自分の魅力が企業に伝われば、その後応募して本格的な面接時にアドバンテージになります。

看護師|派遣社員であっても、1年経ったら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年ごとに自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職したことで実感しました。私は結婚生活が落ちついたら、早く子育てに取り組みたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、数年くらい今の職場で継続で続けられれば良いなと思い就職しました。派遣社員であったために、正社員よりも年収は少なかったのですが、仕方なく時間的な自由のために、この道を選択しました。でも、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんどの方が派遣社員として10年~15年くらい勤務しているというのです。たとえ派遣であっても期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうすべきか、とても困惑しています。

看護師|再就職を考えている時に注視する募集内容は基準的なものとし…

職を変えようとしようとしている時に気にかける求人というのは、基準的なものとして、アバウトに掲載されている、ということもありますから、情報として書かれていることを正しいことだとは安易に信頼しないほうが賢明でしょう。なかでも給料面に関しては、平均なのか?最低限保証されている給料であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といった見極めができないケースが多く、独断で判断してしまうと、今後、悔いが残る可能性もあり得ます。という事で、そうならないためにも、求人に掲載されている情報はうのみにせずに、そのようなたいへん重要なことは会社側に直に確認を取るのがベストです。

転職するにあたり、現在勤務している会社を退社する…

転職を行うにあたり、今勤務している会社辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、仮に自らの希望によって退職願を出して退職する、いわゆる自己都合退職においては失業保険を即、受け取ることができません。手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってその結果ハローワークの職員と口喧嘩をしているのを見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けて即、失業保険が給付されます。

もしあなたが転職を視野に入れているなら、前もって資格を取得することで有利になります。

もしも将来、転職をするつもりなら、転職する前に資格を取るのがおすすめです。また、仕事を続けながら資格取得しておくと、転職活動にあたって幅が広がるので、転職先を探すのが楽になります。なので、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも好ましいタイミングといえます。将来を考え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の仕事に別れを告げても後悔することなく前に進めるはずです。おまけに、資格を手に入れることで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接時に担当者に即戦力として扱われ以前の職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

看護師|転職を、「派遣社員」を選択予定の方に注意してほしいことが複数あります。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意してもらいたい箇所がいくつかあります。まずはじめに派遣に関しては、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの業務内容をなんとなくイメージする人が少なくないとは思います。私もかつてはそう思っていました。現在勤めている企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「担当する業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社の担当者からも聞いていました。ところが、働き始めると、まさか「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。知識もないので毎回てんてこまいですし、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々全くわからないような内容でしたので、とりあえず、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

看護師|大手企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入る事は簡単ではありません。

ほとんどの場合大きな会社は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。おまけに、都市近郊部~地方となるとその確率がたいへんきびしくなります。例外的に、製造業に関して言うと、地方の工業団地等に製造工場を構えていることがとても多いです。そういう場所では、事業分野の拡大にあわせて人員募集をすることも珍しくありません。そのチャンスを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、希望する企業についての情報をまえもって仕入れておきましょう。公式サイトを見て、スタッフの募集予定はないか、時々チェックしてみてください。