転職を行うにあたり、現在勤めている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが・・

転職をするために現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけません…

  • 転職に先立ち現在働いている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、あなたのほうから退職願を出して会社を辞める、いわゆる依頼退職においては失業保険を即、受け取ることができません。手続きを終え、失業したことを認められてから3か月待たないといけないのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を知らない人が、それが原因となりハローワークの職員と過去に口論していたのを見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定されてからすぐに失業保険を受け取ることができます。

  • 看護師|もしあなたが転職を考えているのなら、前もって資格を取得することで選択肢が増えます。

  • 近い将来、転職するのなら、事前に資格を取得することで選択肢が増えます。とくに、仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職活動にそれを生かせるので、仕事を見つけやすくなります。というワケで、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においての最も好ましいタイミングです。もしあなたが未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、会社を辞めた後も悔やむことなく次に進めます。そして、資格を取得できれば面接時に面接官に「即戦力」と見なされ、以前の職場より待遇アップも期待できるでしょう。

  • 転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意していただきたい…

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひチェックしていただきたいことが複数あります。まずはじめに派遣業務については、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」のような仕事内容をぼんやりと考えた方がおそらく多いとは思います。はじめは私自身もそのように思っていました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、いざ入社したとたん、なんと「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々とても困惑しています。今はただ契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 一般的に大手企業は定期採用中心です。ですから、転職で入る事は容易ではありません。

  • たいていの場合は一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。それに、田舎のほうでとなると転職のチャンスはたいへん低くなります。けれども「製造業」の企業あれば、地方の工業団地周辺に拠点としている多々あります。さらに、そういう工場の場合、事業拡大時等に「中途採用」を積極的に行うので、そのチャンスを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。地方の工場での転職を希望される場合は、転職を希望する企業についての情報をまえもって得ておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人がないか忘れずに確認しておきましょう。

  • 看護師|就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収はとても大事なポイントです。面接では、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、もし一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうのです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、今の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性は極めて小さいです。もし、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。

  • 初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても受け取れると考えている人が…

  • はじめて「失業保険」をもらう場合、じっとしていれば給付されると思っている人が少なくありませんが、それは誤りです。現実には、もらい続けるためには、求職活動を行わなければならず、加えて、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。一か月おきにスタッフに求職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていることをわかってもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。残念ながら、「この人は就職活動をしていないぞ」と見なされたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、ルールとして給付がされなかったり、以降の給付資格を失うことになるので充分に注意しましょう。

  • あなたが転職活動をしているなら、気になる求人(職…

  • 転職活動しているとき、気になる求人(あるいは業界)があれば、逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで調べておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナス要素について、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、簡易的なインターネット検索によって瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そのような検索をしないまま、入社してしまうと、あとで後悔してしまうおそれがあります。その求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、人がすぐに辞めてしまう」というケースも多くあります。目に留まった案件について、きちんと調べたうえで応募しましょう。