転職をする時に注意を向ける募集内容に関しては、参考程度に、アバウトに…

転職を考えている際に閲覧する求人情報というのは、目安と…

転職を考えている時に閲覧する求人情報というのは、一般的なものとして掲載されている、という事も少なくありません。なので、書いてある内容はすべて正確な情報だとはあてにするのはやめておいたほうが好ましいと言えます。中でもとりわけ給料面においては、平均なのか?それとも最低限の金額なのか?最高の給料であるのか?というようなジャッジができる人は少なく、自分の判断で決め込んでしまうと、後悔する確率もあり得ます。ですので、嫌な思いをすることになる前に、募集内容はおおまかなものだと思って、そのような内容は会社側に直に問い合わせた方がベストでしょう。

転職を目前にしているなら、現在働いている会社を退社する時…

転職に先立って今働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もし自分が望んで退職願を出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」のときは失業保険をすぐに受け取れません。手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく勘違いして退社の1日後からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってその結果としてハローワークの職員さんとトラブルになっているのを見たことがあります。加えて、社員側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険をもらえます。

看護師|もし転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」取得は考えておいて損はありません。

もしあなたが転職を考えているなら、資格を取得することで有利になります。とくに、在職中に資格を取得すると、転職活動時にそれを生かせるので、転職先を探しやすいです。そのため、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階がベストなタイミングです。もしもあなたが将来を見据え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の会社を退職後も前向きに次に進めるはずです。加えて、資格を取得した後では、面接のときには担当者に即戦力になる人材だと認められ、待遇アップも期待できます。

看護師|転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人・・

これから転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ覚えてほしいことが数点あります。一般的に派遣に対して、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの仕事を思った人が多いとは思います。最初は私自身もそう思ってました。今、勤めている会社に入るまでは「メインの業務は電話対応になります」と説明を受けました。ところが、入社したとたん、なんと「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を頼まれました。特別な知識もなく、面接のときの説明とはかなり違っていたので日々全くわからないような内容でしたので、とりあえず、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

たいていの場合は大きな会社は定期採用中心で、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。

大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事は簡単ではありません。また、市外地でとなると転職のチャンスがたいへん厳しくなるでしょう。ですが「製造業」に関連する企業であれば、地方の工業団地などに製造工場を置いている少なくありません。その地方工場では事業拡大などの際に「中途採用」をしているので、その好機を見逃さないようにするのです。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、希望する企業についての情報を得ておきましょう。ホームページを覗いて、求人予定がないか頻繁にチェックされることをお勧めします。

看護師|転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

就職活動において、年収を無視することは不可能です。面接では、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうためです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、今の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことはほとんど場合ありえません。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくことをおすすめします。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、せっかく入社した会社を退職に追いやられる事態になることを招きかねません。

看護師|生涯初の失業保険をもらう際に、じっとしていれば給付されると思っている・・

初めて「失業保険」を受けるとき、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人がとても多いですが、それは間違いです。実際には、失業保険を希望通りにもらうためには、求職活動を行う必要があり、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況を報告して職探しに真剣に取り組んでいると信じてもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。仮に、「この人は就職活動を全くしていないぞ」と判断されたり、毎月の職員との面談に参加しないときは、情け無用で給付してもらえなかったり、ケースによっては以降の給付資格を失うことになるのでそれを防ぐために十分気を付けましょう。