転職した会社で自身のこれまでのキャリアを生かすことができれば、…

新たな職場にて今までに身に付けた能力を活かすことができれば、…

新しく就いた仕事で今までに培われてきたスキル・キャリア生かすことができれば、即戦力として認知され、直ぐ仕事場にも馴染めるし、雇い主もそのような人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、難なく採用されるでしょう。しかも、過去の働いていた仕事と近い内容であれば、転職は非常に容易になります。とは言っても、まずまずのスキルがあるといっても一流企業の事務職系や公務員系は昔と変わらずかなりの競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。

転職のための採用面接では、やめておいたほうがよい・・

転職のための会社での面接での勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまりあからさまな猫かぶりは、予想に反して逆効果です。そうならないために思い切って面接時は、「給与」などの、普通ならかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を出し尋ねておくと、間違いなくあなたのためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経なそのような質問をすることで選考結果に採用されないのではないか」と懸念するかもしれません。けれども良い結果になることは結果的にはいい場合が多いようです。このような労働環境やお金に関する内容は、実際には、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、多数の人が気を遣い大半の人が質問を躊躇しています。そこで、勇気を出して質問をすることで、「正直な人だな」と自己アピールになるのです。

ある古物商の社員募集にて、書類審査に受かったので、相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。

ある古物商の会社で書類審査を通過しました。すぐに相手方から面接日時を告げられました。当日行ってみるとなぜなのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待って、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、だらしない態度を見せられ、グダグダな状態で面接を終えました。けれども、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、気になったので、自ら問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達でそんなわけでもう一度電話をしたところ、なんと、「残念ですが不採用になりました」、とすぐに電話を切ってしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、ハッキリ言って、採用されなくてよかったです。

看護師|今年中に転職活動を考えている人で、次までの仕事に期間がある…

転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方は可能ならば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当は今働いている所属する会社が「雇用保険」を払っているのなら、必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合での退職なら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、働いている会社都合の退職、または残業時間次第でただちにもらえる場合もあります。なお、支給される「失業手当」の金額は、会社で最後となる勤務月の近々の給料を基準にして計算するので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

看護師|派遣会社に登録し、働く人が近時多くなってきています。

派遣社員として働く人が規制緩和以来、増えてきていますが、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちどれだけが自分に入るのかを可能であれば面接のときに聞いておきましょう。派遣業は、人手を欲する会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払う仕組みで運営していますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが大半です。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらされない派遣会社も少なくなく、酷い業者では、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も少なくありません。面接の際にあいまいな返答しかしない会社は、隠ぺい体質であることが多いので、できる限り異なる派遣会社で登録されることを推奨します。

これまでの私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。

これまでの私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」を優先していました。というのは、有名な「転職サイト」は、システム上、都心部にある会社の求人情報が多いからです。であったため、転職活動をする時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人より企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、古くから地域に根ざした企業もあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。しかし、「ハローワークは地味なイメージがある」と誤解している人が多いかもしれません。以外にも、転職サイトにはない求人があるかもしれないので、数年以内に退職後の就職活動が不安な方は、お近くのハローワークへ足を運んでみてください。大手転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話やメールもありません。

私は以前たいへん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

私はかつて何社かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルに関しても色々あってそのほとんどは物足りない方ばっかりでした。こっちは人生がの大事な事なのにもっと情熱をもってに向き合ってほしいという願いが膨れ上がりました。それが理由で私はキャリアカウンセラーを志すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得には経済的な負担にもなりました。また資格取得のための勉強に関してもとても大変ですが、求職者から信頼してもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。