転職したい会社の採用面接に出向きました。

転職のための面接を受けに転職希望の会社へ出向きました。

  • 転職における採用面接に希望先の会社へ赴きました。偶然社内の会議室や応接室が空きがないというわけで外部のある場所で人事部の人と待ち合わせて面接をし、その場所で解散、面接担当者もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、驚くことに下りる駅が私と同じだったのです。なので電車内においても彼とずっと話しながらいっしょに帰宅することになって、その結果すっかりリラックスして面接より話が弾んで、それが奏功したからなのかなんとか採用を勝ち取りました。

  • 求人関連の情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど…

  • 求人に関する情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業を見ようとしないものです。そういった人の多くは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と勘違いしている可能性が高いです。実際に、製造業での求人であったとしても、製造マンだけでなく経理、総務などの人材募集から、購買、営業管理といった「事務系」の部署もたくさんあります。でも、製造業の職場はビジネス街から離れた地域に構えていることが多いですからアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがデメリットに感じられるかもしれません。けれど、自身の執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

  • 看護師|クールビズスタイルで再就職の面接場に出向く際には、やっぱりジャケット・・

  • クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接会場に行こうとするときには、ジャケットはさすがに着込まなくても良いとわかるのですが、ネクタイは着用しておいたほうが悪い印象を与えることがありません。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと思っている企業もあるケースもなくはないです。ですが、ネクタイはクールビズであろうと必ず着用する必要があると思っている会社がそこそこ存在します。そんな訳で、例えクールビズ(軽装)の恰好でもネクタイだけは絶対に着用いく方が安全だということは認識しておいてください。

  • 現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門会社も増加しています。

  • 今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、「ヘッドハンティング」の専門業者も増えています。あなたに特許権取得の経歴があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に加えて、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングするネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思しき話が出てきたときには、そういったことが無かったか思い出してみましょう。近年はヘッドハンディングを装って、登録料を要求してくる会社もありますが、そういったものは高い確率で詐欺ですから騙されないようにしましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が負担するものではありません。

  • 求人についての情報を見てみると、大部分の場合は月収がしっかりと記載されていますよね。

  • 求人関連の情報を見てみると、月の給与が明記されています。だけれどもこの月収の項目を見る時には、深く確認する事が欠かせないです。値だけでわかってしまってはいけません。何故かというとひょっとすると、月収の金額のなかに「毎月30時間の残業」が条件になっているかもしれません。要するに残業代の金額をあえて含めることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも少なくないのです。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性が考えられたりします。そういうわけで、そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は興味を持たないほうが賢明です。

  • 今現在の職場や業務について何かしらの不満を感じることがあるはずです。

  • 現在の自らの職場や仕事の中身について不服に感じていることの中に、「自分の能力(スキル)を適正に評価してくれない」さらに、「年収アップも、将来的な昇格もまったく期待できない」と言う愚痴を漏らす人もいます。とはいえ、その手の不満を持っている人の一部には、自身の本来の才能を過剰評価していることが少なくありません。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と再就職先がまったく見つからないことになりかねません。可能性が少なからずあります。転職で成果をだすためには、実際の自分のキャパシティを冷静に客観視することから始めてみましょう。

  • 今から転職することを希望しているのなら、今いる職場や仕…

  • 転職活動を考えているのなら、今いる業務や業務の何が気に入らないのかを明確化する事が良いです。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不平があるからこそ、転職したい、と考えるのは分かります。が、「しっかりと今の客観的に考えた不満点を書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあと、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職したとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は抑えることは容易になるはずです。