自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は要注意です。

看護師|自分自身の好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。

  • 大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は要注意です。私が実際に体験したことなのですが、私の場合、食べることが本当に大好きでそれが高じて、以前は、料理店で勤務していた期間があります。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで仕事ができていました。ですが、職場の人間関係ですごく嫌になりました。そのことが引き金になり、退職しましたが、同時に、あんなに大好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物すら嫌になり、類似の店には現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事に就いた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢をみるのは本当にステキだと思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、冷静に自分に尋ねる必要がありそうです。
  • 転職しようとしても思ったとおりの成果が得られる確証はどこにもありません。

  • 仮に転職活動をはじめたとしても全てが都合よく運ぶと言い切ることはできません。それはどっちにしても転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちにできるだけ早く考えておいたほうが良いです。ほとんどの場合、20代の若いあいだは有利な展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職そのものが相当に厳しいものと理解しておくべきです。管理職など、重要な役職を担当している場合、転職の意識が強くなっていても現在の会社に留まることも選択項目の一つには入れておくべきです。退社してから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社に籍を置いたまま慎重に未来を構築していったほうが後悔することもありません。
  • 看護師|転職する活動中に、「振り返るとこのような価値のあ…

  • いい転職をしようと転職する活動の際、「今までずっとこういった仕事に従事しました」「過去の会社の仕事によって、こういった経験を身につけることができました」とそれまでの自身の実績・セールスポイントを強調する人はときどき目にします。ところが、転職先となる新しい企業で「させてもらえるのならばこういったことをしたい」「このようなことであればできれば貢献できるはず」と将来的なビジョンを話して自分をアピールしていくほうがはるかに効果的だったりします。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。
  • 看護師|転職活動を行う際の最後の問題として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動を行う際の最後の難関として、「今の会社の退職」があげられます。転職先から採用の内定を得ても、今いる企業があなたを放出したくないとして引き留めるというのも起こりがちなことです。そのようなケースでは、何があっても退職する、という強固な気持ちを維持することが大事といえます。引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を手元に用意しましょう。そのあとに、決定権を持つ上司と直接、話し合い、退職を撤回する考えはありませんと、堂々と伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において大切なポイントになってきます。
  • 看護師|派遣会社で働いています。サイト内で自分にぴったりの仕…

  • 今、私は派遣の会社に登録をしています。インターネットサイトの中で気の向くままに自分に向いていそうな仕事を見つけ出し問い合わせてみると「そのお仕事はもうすでに別の人に決まりました」と言われて瞬間的にサイトの中から仕事の情報がなくなるのですが、どういうわけか翌日にそのページを見るとまた載っています。ということは結局は私だとよくないのってことですよね。それであればカドが立たない程度に正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいは客寄せのための偽りの仕事なのでしょうか?
  • 長い間接客業でお勤めしてきましたが、年齢を重ねるにつ・・

  • 長年接客関係でお勤めしてきましたが、歳をとると共に座ることのできない仕事は体力的にきつく、事務系のお仕事への転職を頭に入れて行動を起こしました。事務が未経験となるとなかなか厳しくて、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をしようと資格も獲得して個人のクリニックに転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係も難しい。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業時代より帰宅する時間も遅いわけですが、とにかく今はキャリア形成をするんだと思って我慢します。
  • 看護師|看護師という職の人のそれ以外の職業に転職する理由は人それぞれです。

  • 看護師でありながらそれと違う職に転職を決断する理由は、その人によりけりです。ちょっとみると看護師が他の仕事への転職には「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚で自分勝手にできなくなって出産、子育て加えて家族の介護など、仕事環境の種々の変化など、これまでと同じようには働き方ができなくなった」「今の稼ぎに不満を感じている」といったような悩みがあるのでしょう。しかし、転職を決める前に「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、落ちついてじっくりと現状を客観視することもしてみてください。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してから決断してみてください。