職を変える時に必要なスーツのカラーは、新卒の学生が就職活動の際・・

看護師|職を変える際にいるビジネススーツの色合いは、新卒の就職活…

  • 仕事の面接で着るビジネススーツの色においては、新卒の方が就活の時に着用しているカラーが基本です。ですから、紺系や黒系のダークなカラー、ということになります。それが、転職のケースであっても、スーツの色はこのような暗めのカラーが圧倒的多数であって、黒や紺以外の色の人は少ないです。その他の色で言えば、グレー系のスーツを着ている人がいるくらいで、割合からしても黒や紺色のビジネススーツが圧倒的に多いので、人事部から見ても黒や紺のスーツが当たり前であるかのように感じます。ですから、見た目の印象という点ではおすすめです。

  • 看護師|少し前に転職をやっとしたばかりだというのに、あっという間に…

  • ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、早期に辞めてしまうケースがわりと多いといいます。何故かと考えてみると私の思うところをいうと心機一転、良い仕事環境で勤務を始めてみたものの、「想像していた職場とおかしいと思うほどかけ離れていた」「職場環境が受け入れられなかった」といったことで退職を決意することが珍しくないといいます。可能ならこのような、転職における失敗を繰り返さないためには、とにかく前もっての情報集めはまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内のルール、具体的な業務内容、などあれこれ前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 転職の活動を成功させるには、最初に常に自分の内心が沈着であ…

  • 転職の活動をしているときは、必ず心が静かであるということを忘れてはなりません。今の会社で働きながら転職をする活動では、たいして気にしなくても良いとは思いますが、退職後に行う場合は人というものは心のうちが焦りがちになってしまいます。その点を踏まえ、冷静に転職活動を続けていきましょう。自分でやってみたい業務、思い描く理想の職場などを明確にしておき、候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、落ち着いてしっかりと見極めてみてください。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」という風に、ほぼ質問されます。このときに、いくらあなたが正しくとも、以前の職場の人づきあいや労働環境についての不満やトラブルを絡めた返答などは、できるだけ控えることをお勧めします。なぜなら、此の様な内容の話は、採用されるチャンスを無駄にしてしまうことになります。ですから面接時は、「前向き」な内容に徹底することがとても重要です。本心とは違っていても、「新しい職場では自分のキャリアを十分生かし、御社に貢献していきたいと考えています。」のような未来に目を向ける形が理想です。

  • 看護師|転職を行うならば、もちろんやりがいを考慮することも大事だ…

  • 転職先を選ぶとき、仕事のやりがいアップと一緒にさらに収入アップも大切なポイントですから「年収サイト」に登録して事前に調査をしています。同一の会社で加えて全く同一の職種、社歴なのに人によってかなりの幅があることも複数あって、正直なところ面接で質問したことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた人についてある程度は察しがついてるのですが、多分格好をつけているのでしょう。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。昨今、「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。しかし、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に転職しようと考えるなら、まずは適した時期を図る必要があります。その基本として、現在の職場・自分の置かれている立場などについて、納得できていないと感じることを10個、少なくても最低5個は紙に書き出ししてみましょう。こうした作業をしておくことによって、再就職に役立ちます。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、迷うことなく、よりキャリアアップできるように、努力することも大切です。

  • 看護師|20代前半に転職を2度行い、そして今、複数の資格をとるために、…

  • 20代のうちに転職を2回経験し、いまは資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務とは違うのでやはり給料が少なくなってしまいました。しかし、以前より心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生のときに資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。また、そのような方たちを羨ましく思ってしまいます。前は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、ガッカリする日もありました。しかし現在は、結婚して随分と生活環境もかなり変わり、以前よりもその中で将来の目標も定まったので楽しい毎日を過ごしています。