私たちの労働環境は、近い将来今以上に単純な仕事は機械に交代させられてい…

これから、私たちの社会的環境において着実に簡単な労・・

近い将来、ますます簡単な労働は機械に置き換わってその結果、労働人口はどう考えても縮小していきます。というのは、シンプルな作業という観点では人よりも機械で作業するほうが数段に強いからです。数を数えたり同じ作業をずっとリピートしたりすることは機械にとっては問題ありません。人と違って文句も言わない、疲れることがありません。また、ズルもしないし、正確な作業をしてくれますし、それを均一化できます。そして、賃金が発生しません。このような観点から人を使う理由が到底無いことが明白で、機械化が注目されているのです。

看護師|転職活動で面接で高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、面接のときに必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、隠さずに話してもOKですが、転職理由についてストレートに伝えるのは得策ではありません。転職理由でよくある収入に関する不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に悪いイメージを与えやすいものです。もっとも、過去のマイナス事例をそのまま話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そしてさらに、この企業に入ってこんな貢献をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、そのために御社を選択しました、と志望動機にすり替えてしまうのです。

転職しようと考えている会社で見学などがあれば、非常に勉強になります。

転職しようと考えている会社で見学しておけば、かなり勉強になります。その中でも、「職人」さんがいる会社では、スキルを間近で見られて楽しみです。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には高確率で、普段通りの働き方を見せてくれないのが特徴です。例えると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。個人のプライドも高い業種なので、入社してみないと、実際の姿はわかりません。そのため、仕事=見学で知った内容と考えないことがとても重要なのです。ましてや、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は、問題があるので正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。入社してもいない人には仮に問題が発生したとしても、それに対する保障が無いので、仕事体験ができる、と言われても丁重に断っておくようにしましょう。

転職活動を現職と並行する人が多いです。

転職活動を現職と同時進行させる人が多いです。ただ、仕事を続けつつ求人案件を求めて奔走したり、面接に臨むのは心身ともに結構きついと思います。加えて、転職活動中は、今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、仮に、書類選考を通過し、面接前にキャンセルすれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、相手の会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の大切な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。新卒の就活とは全くことなることを意識を持つことが大切です。

転職する場合、様々な方法で情報を集めることが多いと思います・・

転職する場合は、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは本当に役に立ちます。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、別の見方をすると、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくてもいいはずです。しかしながら、実際は『クロ』で「本当のことが書かれているので、なんとか火消ししたい」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上によって注目されるので黙認しますが、悪い口コミが目立つということは、その分入社後に厄介事が降りかかる覚悟をする必要があると考えるべきでしょう。そもそも、良い会社にはトラブルなど起こりません。

転社を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。

転社を繰り返さないための方法が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返しません。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動でも、精神面を鍛えることができます。オススメは、「海外に行くこと」です。海外旅行に行くと、生活様式、言語、文化など、違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、今までとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ただし、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いので元気になるまで休みましょう。

看護師|転職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必要です。

転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は重視してしまう部分だと思います。でも、昨今の、採用面接については私服がOKなところも多いので、ビジネススーツで面接に行く必要がない場合もあります。とくに会社の創設して間もない会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接をしたほうが、良いイメージを持ってもらえます。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるのも魅力のひとつです。そして私服だと、面接の間に、洋服について、話題が広がることがあります。ですから、担当の人から気に入られる期待もできます。というワケで、今後、転職は企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。