看護師|近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく・・

今日、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えています。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、ヘッドハンティングされることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を書いた実績のある人や、TVで紹介されている人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと疑われる連絡をもらったとしたら、心当たりを考えてみてください。あまりないことですが、ヘッドハンディングを装って、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、そういったものはおそらくはイカサマですから騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

看護師|求人関連の広告には、ほとんどの場合、月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん多くの株式会社では月収等が記載されています。しかしこの箇所をチェックする際は、注意して確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけを見て納得しないほうが無難です。実は企業によっては、月収の額の内訳に「毎月10時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。それは残業代の金額をあえて含めることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあったります。そういうわけで、こうして「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には興味を持たないほうが賢明です。

看護師|今のあなたの仕事や職場に関して、何かしらの不満があるはずです。

現在の自身の勤め先や仕事の中身について不満の中に、「自身のスキル・能力が正しく評価されていない」ゆえに、「給料は増えないし、将来的な昇進も期待できない」といった不満が多くを占めるでしょう。でも、上記のような悩みを持っている人のなかには自らの持っている技量を「過大評価」してはいないか、再確認しておく必要があります。過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「この企業や職種では、自分を活かせない」と休職期間が伸びる可能性が高くなってしまいます。という事態に陥りがちです。転職を効率的にしていくためにも、自分のキャパシティを冷静に客観視することから始めてみましょう。

そのうち転職活動しようと思うのなら、直近の職場や仕・・

そのうちでも転職活動しようと考えるのなら、現状の業務や業務の何に不満があるのかをリストアップしてみる必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。不満にガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「よく考えて現状の業務や業務の問題点を列挙する」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。それを終えたあと、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職してからのモチベーションの低下は防ぐ事が可能なはずです。

看護師|このように現在の会社や企業の雇用形態の慌ただしい変・・

今現在の雇用形態の慌ただしい変化に当たって、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者の世代ほど関心度が高いといわれています。大方、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。そんなわけで、サラリーマンや労働者といった労働力の「流動化」が顕著となっているので、なおさら、将来、若年層以外の層にも転職の注目が増加すると思われます。このようなことから、転身することは誰しもが身近な事柄として認識すようになります。「終身雇用制度」が普通に実在した頃には、「会社を辞めて転職」はそのことだけで印象が悪く、転職が思ったようにいかないケースもあったのです。しかしながら、今ではこの事も全く当たらず今現在やっている会社のみに執着する必要も減っているように感じます。

再就職では、かなり重要視されるのが「面接」である。

転職活動において、かなり重要視されるのが「面接」というものです。普通一般的な面接の際は、応募者に対して転職の動機や仕事の意気込みなどいろんなことを尋ねられると思います。そしてほぼ100%、面接を終えるあたりで次は、転職希望者から、面接担当の人へ逆質問に切り替わります。面接担当のスタッフから「何か弊社に関して疑問や質問などはありますか・・?」と聞いてくれるわけです。そういった質問をされたとき、面接者本人が緊張状態で、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。こういった場面に備えて、事前に疑問点などの答えを考えておくのもいいかもしれません。すべてを把握していない職場ですし、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。

看護師|派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のおかげで不本意にも…

派遣社員として働いています。労働契約法のおかげで不本意にも長く働いた派遣先での仕事が終わります。同じ派遣である方の中には、派遣先で正社員のポジションをつかみ取った人もいるのですが選ばれた理由としてははっきり言って仕事の能力というよりは派遣先の上司の扱いが得意な方でお引き立てがあった模様。業務上のスキルより上司に媚びるスキルの方が重要なんじゃないのと選考に漏れた別の派遣の仲間と不満をたれる日々です。