看護師|転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、…

今年中に転職活動を始める際に次までの仕事に期間がある方…

  • 年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。これは今働いている企業側がしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、場合よっては会社都合の退職だったり、残業時間次第でただちに貰える可能性もあります。さらに支給される失業手当の金額は最後に働いた月の給料がもとになって失業手当の支給する額を算出されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 看護師|派遣会社に会員登録して働く人が徐々に多くなってきています。

  • 派遣会社に登録して働く人が過去の規制緩和以降、増加する傾向にあります。派遣会社が受け取る報酬が一時間あたりいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかをなるべく面接の際に聞いておいた方がいいでしょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りとして、手数料を徴収する形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることが大半です。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、酷い派遣業者では、労働者に2割しか還元しなかった、というケースも多いといえます。なお、面接の際にきちんと答えてもらえないような会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いので極力異なる派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。
  • 看護師|以前は、「転職サイト」で職を探すより、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • これまで私は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で探していました。なぜなら、大手「転職サイト」は、いつも都心の求人情報だけだからです。これまでの転職をする際は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、求人募集をしている企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、昔から地域密着という点では都会以外での転職には役立ちます。しかし、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と誤解している方も多数いるかもしれません。思いもよらず、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、そろそろ転職予定の方は、お近くのハローワークへ行って相談してみてください。「転職サイト」みたくこれでもかというくらいのニュースレターが来ることもありません。
  • 看護師|自分が仕事を探していた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • 自らが勤め口を探していたころ何個かの人材紹介会社に登録していのだが、転職アドバイザーの質においても色々あってほとんどの場合、満足できない感じる人ばっかり。私にとってはとても重要なことことだからもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという感情が高まってきてしまいました。その事がきっかけとなり私はキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するためには経済的な負担も増えましたし資格取得のための勉強面もかなりハードですが、求職中の人に頼りにされる存在になるべく頑張っています。
  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業であれば…

  • 再就職のための面接では、中小企業であれば、概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、100%ではありません。実際、これから仕事を一緒にしていく担当者、一言でいえば部長や課長などが面接する可能性も考えられます。また事務職や営業職などの部署に転職するのなら、資格のみでは人の判断をするのが難しいですから、堂々と自分自身をアピールしていくことが求められます。面接担当者から「この候補者は、堂々と発言してるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。
  • 看護師|新卒として入った会社を辞めて、思い切って転職を決意しました。

  • 新卒採用で入社した会社を退職し心を改めて転職を決意しました。実際に行動する前は、かなり悩んでばかりでした。新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動中に学び、無意識のうちに不安な気持ちは解消されていきました。また1回転職したことでなんだか肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分の好きなこと」を考えることが毎日が楽しくなりました。やはり「辞めることが悪」といったような転職を否定する意見もありますが、それが全て正しいとは思いません。私の場合、転職してみるも大事だと思いました。
  • 違った職場の社員になりたいと転職をする活動をして…

  • もっと良い企業に入りたいと転職を希望するときの場合は「ほんのちょっとでも早く、内定がもらいたい」と思いがちです。とはいえその気持ちが強くて内定が欲しいばかり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは対称的に自分を過小評価につながる行動をするのは可能な限り避けておきましょう。焦る気持ちを抑え、冷静かつ客観的にあなたに適した職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く探していきましょう。