看護師|転職活動の際は、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したり・・

転職をする際は、事前にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりして…

  • 転職活動をするとき、事前にネット上で求人サイトを閲覧したりして気になる会社を調査するとは思います。しかしながら、その会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。仮に公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういったそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、期待していたことと全く違うと後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、言いがかりをつけながら退社させないように仕向けています。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。

  • 看護師|失業保険の給付に関して、求職活動をしていることが必要なのです。

  • 現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることが必要なのです。とはいえ、現実は「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくは自由に過ごしたい」と思う人が多いとは思います。そこで、心から次の仕事を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのは避けようがありませんが、その場で求人票のチェックは最低限やっておく必要があります。真摯に探す意思がないときには、「求人票」をチェックするだけで、ハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事が残念ながら見つけられませんでした」と相手に言い、次の機会を探すという手もあります。

  • 転職エージェントは一度登録すると、何度も電話やメールをしてきます。

  • 転職サイトは一度登録すると、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。このことに対して初めて利用した人は結構ビックリするかもしれません。転職エージェントは転職させることが業務なため、かなり積極的にかまえています。中でも大手のエージェントは成就させると企業側から報酬がもらえる仕組みといえるので、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。加えて、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が取れると間髪入れずに、入社を積極的にすすめてくることが多いです。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職しないように気を付けましょう。

  • 看護師|転職活動中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間が有り余っているた・・

  • 再就職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間がある分、だれた生活を送ってしまいがちです。しかし、そんな過ごし方は避けたほうが賢明です。というのは、気の緩んだ、ダラけた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。徐々に、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金に困る事態となりかねません。そんな状況になってしまうと、悪いサイクルにはまり再就職先が決められません。次の仕事を決められないのは、もらえるお金を最優先に考えてしてしまうからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られないように暮らしていくためにだれた生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

  • 看護師|前の求人情報には、性別がしっかりと記載されていました。

  • 昔の求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」まで当然のように記載されていました。しかしながら、男女雇用機会均等法の施行等により、男女差別が採用時にしてはいけないルールが決まり、募集要項内に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。それでも、募集を出す企業側としては、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。なので、実は男手が欲しい業種に女性が募集にやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が応募してきたり、といったトラブルも他人事ではありません。もし、「女性が活躍している仕事場です」とアピールする案件では、雇い主再度が「女性」を必要としている、と考えるとトラブルを回避できます。

  • 看護師|女性の再就職は、数年前と今現在とは多少の変化があるといいます。

  • 女性が転職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは多少の違いがあったりします。かつては会社側から結婚と出産についての考え方などに関して、普通に質問されることは珍しくなかったのですが、近年では、こういったデリケートな内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞くのを避ける会社が増えています。そして、世間に名の知れた大企業の場合は、全面的に避ける傾向にあります。しかしながら実際、面接する側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その人が、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、把握しておきたいとは思っているはずです。自分自身の価値観を理解してもらうためにも、自己PRや志望した動機と一緒に話すことで会社側にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると思います。ですから、質問されてない箇所についても、先にあなたの側から会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくとよいでしょう。

  • 再就職をする際でほぼ絶対に問われるのは退職した原因についてです。

  • 再就職をする際でおいてほとんどの人が投げかけられるのは辞職した原因のことですが、この質問になった時には話題を前職からそらしたほうが良いです。会社を辞めるに至った経緯が的にされてしまうと言うまでもなくマイナス面を伴った話になってしまいますから。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして前職を辞めたかという点をこちらの会社に絶対に入社したいと思っていたからといった感じに向けていくということで、自己アピールもかねて自分が面接している会社に焦点を向けていくと良いでしょう。転職理由でも、こういった内容ならばマイナス面を隠し好印象の以前の会社を辞めた事情にすることが可能です。