看護師|転職活動において、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

職を探すのに、ネットでのエージェントを利用する手もあります・・

転職する時にウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用するケースもありますが、もしそこに登録して就職することができたとしても、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワーク以外の機関を使って就職しても失業保険とは無関係なので注意しなければいけません。一方、ハローワークを経て斡旋された会社に就職した場合は、就職に備える準備金として、「一時金」を受け取ることができます。ネット上のエージェントは、私的機関です。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。知っておかないと失業中に給付金が他に入らない状況になるので、そうならないように気を付けましょう。

看護師|昨今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活費を稼いだり、…

ここ最近は、株・不動産投資の不労所得、あるいは個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。そういった社会的変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といったこれまでの見解も変わってきています。高度経済成長を遂げている最中には、先の見えない株式投資や個人事業よりも組織の一員として働くほうが大いに安定性にすぐれており、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが自然のことのように世の中に認知されてはいました。しかし、そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、今のような時代は「成熟期」という名がいわれます。今後は、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

職を変える際にいるスーツの色に関しては、新卒の就活の・・

転職時の面接で着用するスーツの色は、新卒の人たちが就職活動の際にに着る色合いが良いです。ということは、黒とか紺色といったようなダークな色味、ということになります。転職のケースにおいても、着ていくスーツの色合いに関してはこういったようなダークカラーが圧倒的な数を占めていて、そうでない色のスーツの人はあまり見ることはありません。あえて言うならば、たまにグレーのビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。ほぼ黒系や紺系が多いのです。ですから、面接担当者もそのような色が普通です。ですから、第一印象という点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、早・・

2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに退職を決意してしまう人が意外と多いものです。何故かと考えてみると私見ですがリフレッシュな気持ちで素晴らしい仕事環境を手に入れたはずなのに「期待していた仕事とだいぶ違っていた」「納得行かない慣習があってウンザリしている」という理由で退職を決意することが珍しくないといいます。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を繰り返さないためには、とにかく前もっての情報集めは徹底しておく必要があります。職場内の環境、職場独自のルール、通勤時間、など多角的に事前に調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

転職の活動を行う際は、まず必ず自分自身の内心が急が・・

転職をする活動を行う際は、最初に常にあなたの内心が慌てないことをとても忘れないようにしたいものです。今の会社で働きながら転職の活動される場合は、それほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職の後にする際には、気持ちが焦りがちになってしまいます。なので、慎重に活動するように意識しましょう。今後、自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージなどを明瞭にしてみましょう。そのイメージを候補の職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、改めて冷静に見極めてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

転職時には、面接をすることになりますよね。面接担当者から「転職の理由は何ですか?」といった形で、ほぼ訊かれます。この時に、前の職場の働く環境や人間関係についての不満に受け止められる内容などは、なるべくやめておいたほうが良いでしょう。もしも、こういった話をしてしまうと、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスをふいにしてしまいかねません。そのため面接時には前向きな発言が重要で、事実とは異なっていても、「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」のように将来を見据えた受け答えが理想です。

看護師|転職にあたっては、やりがいのある仕事か考えることも大切だけど…

転職を行うにあたって、むろんやりがいのある仕事か考えることも大切だけどそれだけでなく年収が増えることも大きなポイントですから「年収サイト」というところに登録をしていろいろと調査をしています。同じ会社でしかも全く同一の職種、経歴であるのに人によってずいぶんと違いがある場合も少なくなく、正直に言うと面接で質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人間も誰なのかだいたい予測はついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。