看護師|転職活動では、「年収」が話題に上がります。

看護師|就職活動において、カギになるのは年収です。

  • 就職活動において、年収は非常に大切な要素です。今現在に得ている年収と、今後の希望年収額について質問されるはずです。このとき実際の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を正確に申告し、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。現在の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことはまず無理です。仮に、今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追い込まれる状況も考えられます。
  • 生涯初の失業保険をもらうケースでは、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、何もしなくてももらえると思っている人がたいへん多いですが、それは正しくありません。実際は、失業保険の給付をきちんと受け取るためには、求職活動を行わなければならず、その上、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。一か月おきにハローワークの職員と話し合いをして、真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。因みにきちんと就職活動をしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に不参加なときは、情け無用で給付の一時停止に至ったり、酷い場合はそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために気をつけておきましょう。
  • 今から転職活動をするのなら、良いと思う求人(もしくは職・・

  • 今から転職活動をするのなら、気になる求人(業種)を見た際に忘れず「〇〇業、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、その業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、ネット検索を活用することで一発でヒットします。そういった手間を惜しんで入社した場合、後々に落胆してしまうおそれがあります。だいたいその求人が出されていた理由が「仕事の内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」といった場合も多いので、気になった業種について、下調べをしてから応募しましょう。
  • 看護師|世の中は便利になったものでPCやスマホを使えばネットのエリアには…

  • 世の中は変化していてスマホは便利でインターネットで見られる世界には「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多すぎるくらい点在しています。その相当な数のサイトから自分自身に見合った転職先というのを見付けるために、何よりも情報を集めることが欠かせません。こういう「転職サイト」をきっちり使うことで、満足度の高い転職を叶えられます。最新情報が満載で、正しいレビューなども載っている「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、厳しく確かめてみましょう。
  • 看護師|転職エージェントは大手に限って、多くの案件があるという魅力がありますが…

  • 大きな転職エージェントは、様々な案件を抱えているという魅力があるといえますが、同時に転職を希望するライバルも多いです。それゆえあなたが、応募したい会社を探し出しても、そのエージェント担当者が望みがないと判断すると応募してもらえない場合もありますし、企業から見て自分よりも有能な人がいれば、その人を優先して売り込もうとするのです。大規模な転職エージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱いそこそこ難しいので、方針を変更して中小クラスのエージェントたちに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できないか問い合わせてみると自分のために仕事してくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。
  • 仮にあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」といった具合に…

  • あなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移住した上で転職したい、と考える人が増加しています。ネット社会の今では求人情報サイトを活用すれば、国内全エリアの求人募集も簡単にアクセスできます。残念ながら地方や郊外での求人情報では、都市部のような選択肢は期待できないのが正直なところといえます。そのため、転職サイトのみに執着するのも考えものです。求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも頻繁にチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している転職サポートに関する情報も見逃しがないようにしましょう。
  • 初めて転職を行う場合、注意すべきことはなぜ現職を辞めなければいけないのかについ…

  • 生まれてはじめて転職をするのであれば、気を付けなければいけないのはなぜ今の仕事を辞めたいかについてクリアにしておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきでしょう。その上で問題を改善できそうな会社を決めることになります。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは違って、現在の仕事を続けながら就職活動続けなくてはならないことから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。だからこそ理由を明確にせず転職しようとすると途中で行き詰まってしまう危険があります。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない間は、転職活動のスタートを切ることはあきらめましょう。