看護師|転職時の採用面接での多数のひとが思い違いをしているのですが…

看護師|転職の際に欠かせない会社での面接でのやめておいたほうがよいの…

  • 転職のための採用面接に関して、してはいけないのは良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりは、正直に言って不採用となる可能性が高いです。そうなる前に猫をかぶるよりも面接の際は「給与制度」などの、通常はかなり質問しにくい内容を勇気を持って質問しておくと、間違いなくあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階で質問をすることで最終選考に採用されないのではないか」と不安が募るかもしれません。しかしながら面接官に良い印象を持ってもらえる場合が多いようです。これらのことは「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、けれども、面接で緊張していると、なかなか聞きづらいのも事実です。けれども、あなたが勇気を出して質問をすることで、「勇気のある人だな」ということで思わせることができます。
  • 看護師|ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。2、3日…

  • とある古物商の求人にて、書類審査に受かったので、面接の日時について先方から連絡をもらい、ですが、当日、行ってみると、行き違いがあったのか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、始終たいへんにだらしない態度を見せられ、なんとか面接が終了しました。ですが、予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、ガマンできなくなり、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達で仕方がないのでふたたび、連絡をしたところ、意味が分からなかったのですが、「今回はご縁がなかったということで」とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。私は呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、正直なところ、採用されなくて良かったと痛感しています。
  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら…

  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。これはあなたが働いている会社で社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、現在の会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに受け取れることもあります。さらにもらえる「失業手当」の額は、最後に受け取った月の給料がもとになって手当の額を計算するので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 派遣という形で仕事をする人がだんだんと多くなっています・・

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近時は多くなっていますが、派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかを可能であれば面接のときに聞いておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがほとんどです。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、ときには、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないケースも決して少ないとはいえません。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質であることが多いので、可能な限りその派遣会社で働くことを断念するのが賢明です。
  • 看護師|以前は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」に相談していました。

  • 以前は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で仕事を探していました。どうしてかというと、有名どころの「転職サイト」は、いつも都心部にある会社の求人ばかりだからです。これまでの転職をする際は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、掲載されている企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、古くから地域密着なので、自分に適した職が探しやすくなります。しかし、「ハローワークを利用したことがないから不安」とイメージしている人も多いとは思います。以外にも、転職サイトには掲載されていない求人があるので、今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークへ足を運んでみてください。「転職サイト」を利用した時みたいなこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。
  • 看護師|自らが勤め口を探していたころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • 私が勤め口を探していたころかなり複数の人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのはサポートしてくれる担当者の質が驚くほど多種多様で大体の場合、物足らなく感じる方ばかり。私にとってはとても重要なことことだからもっと心して臨んでほしいという想いが積もりました。それが理由でキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。資格の取得はお金もかかりましたし勉強の面に関してもとてもきつかったのですが、お仕事を探している人から頼られる人間になるべく努力しています。
  • 看護師|再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業だった…

  • 転職のための採用面接では、小企業であれば、おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。たとえば、これから仕事を一緒にしていく部署の責任者、かいつまんで言えば役職クラスである課長や部長が担当することもあります。とくに営業職や事務職などのカテゴリでは、資格などという見極めが難しいので、やはり自分自身をアピールしていくことが重要になります。面接担当者から「この男はハッキリ自己主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、記憶に残すことが大切です。