看護師|転職サイトは大きなサイトの方が掲載される企業も多いため、…

「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほう…

転職サイトはよく知られたサイトの方が多くの企業が掲載されているため、興味を引く2,3の会社を、ともかくサイトに登録し、勤務地や年収などの条件を設定しておき、あとは自動で案件の連絡が入るようにしておくと容易に情報を集めることが可能です。はじめは登録するのに多少時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録する初日は、時間が少し掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、後々のためにも、最初にきちんと準備することを心がけるのが得策です。

看護師|働いていることで回復が難しいほど精神的な負担が大きくなり、…

仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的に苦しくなり、職場を変えなくてはいけない状況に至ったなら、そんな時は、相談するのは会社の人にするより家族などの近しい存在の人と話し合い、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。なぜなら、働くのは自分の事でもあります。が、しかし同時に家族の問題でもあります。どれだけ高い給料を得られたからといって、メンタル面がダメージを負ってしまうまで我慢しながら無理して働くのは良い訳がありません。今の社会では、仕事のしやすさを優先する生き方が尊重される社会です。ですから気に病むことなく、あなた自身の家族や、あなた自らの心と体を大事にしましょう。

看護師|今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりし・・

今日では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、社名が公表されるなど厳罰化の動きが活発になっていますが、完璧とは言い難いです。面接で見破る方法があります。とりあえず、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらの項目ひとつひとつについて堂々と質問してみることです。おおよそブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。回答を避けるなど逃げ腰になるでしょう。中でも「休日」「給与」「残業」では、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも迫ると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、少しでもおかしいと感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

雇用中はできるだけ周りの人にバレないように(私の例ですが…

就労期間中は、可能なかぎり周りの人間にバレないよう(私の例ですが)在職期間中に転社の意思表示だけをはじめのうちに会社内で話したことがあります。けれども、その顎、求人を色々とみていったのですが、転職する仕事を変えるタイミングすら何一つ決まらずズルズルと時間が過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、お粗末な展開を迎えました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したあとで、次の就職先を探すハメになりました。

知人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。

人の紹介をキッカケにして転職の先を見つける人もいます。それはいいけれど転職の先の労働環境や労働条件といったポイントを紹介者からの口コミをあんまり信用しすぎるとトラブルになるかもしれません。というのはある特定の人の口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。要するに紹介者にとって、かなり良い職場環境であっても、自分の価値観に照らし合わせたときには、ストレスフルな環境なのかもしれません。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、最後は自分の決断を信じるしかありません。

看護婦と呼ばれていた看護師は仕事としてやはり女性の割合が大…

その昔は看護婦と言われていた看護師というのは職業として歴史的背景から女性の割合がとても高い職種です。それだけでなく、気力それに体力へのかなり消耗が激しい傾向にあります。そのために、職場の環境での対人関係のいざこざや、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートのバランスをかなり難しい仕事といえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職希望者が多いといいます。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に困っています。最近は特に、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」であるため、それが転職増加の状況となっています。

『今すぐ転職したい!』と思っていて、その意志が強いのであれば…

『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自分の意志が固いならば辞職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、相談という形で話せば場合によって必ず言いくるめられます。実際に私もそういった経験があり、話がこじれておよそ半年、予定が伸びてしまいました。辞めたいということをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあって数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。本音を言うと、ちょうど年度末を契機にやめようとおもったのに、希望通りにはいきませんでした。やはり会社サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと前の職場に対して失望しました。