看護師|転職サイトでは、登録後、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。

転職サイトで登録したあとに、電話・メールが何回も掛かってきます。

  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。「転職エージェント」の利用が初めての人は非常にびっくりすることが少なくありません。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが仕事なので、とても積極的にかまえています。中でも特に大手エージェントは、転職を完了させることによって企業から報酬が支払われるシステムであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが少なくありません。加えて、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が出たすぐ後に、入社を強くすすめてくることが多いです。自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように気を付けることが必要です。

  • 転職を決めるあいだは、無意識のうちに時間があるた…

  • 転職を決めるあいだは、そんな風に過ごすつもりもないのにダラダラとした生活になりやすいですよね。けれども、そうした過ごし方を習慣にするのは危険です。人間というのは、気の緩んだ、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも問題が出てくるからです。やがて、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金が回らなくなって困る未来がやってきます。そうなってしまうと、すべてにおいて悪循環になり、再就職先をうまく見つけられなくなります。次の仕事を決めることができないのは、もらえるお金を一番に考えるようになるからです。給料を最優先事項に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラケタ生活は、(転職活動中には)不必要です。

  • 数年前は求人誌には、募集条件の中に「性別」につい…

  • 以前の求人情報に性別がもれなく明記されていました。しかしながら今では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、採用時、男女の差別をしてはいけないルールができて、応募条件の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そんな変化があるものの、求人する会社側には男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。そのため、実は男手が欲しい案件に、女性の応募が殺到したり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が応募してくる、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。例として、「女性が活躍できる仕事場です」といった内容なら、会社側が「女性」を必要としている、と読むのがトラブルを回避できます。

  • 看護師|女性が再就職する時、セクハラが社会的に問題になる前と今日と・・

  • 女性が転職する時、ここ最近と数年前では少し違いがあるようです。かつては面接の際に会社側から、結婚観や出産後の仕事などのことに関して、ごく一般的なこととして女性たちへ質問していました。でも、現在の流れとしては、結婚などについては、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問を避ける会社が増加傾向にあります。世間に名の知れた大企業の場合は、かなり神経質になっています。ですが、面接する側ははい・いいえ、だけでなく、その人の生き方「結婚後も働きたいのか」出産後の細かい予定を把握しておきたいとは思っているはずです。自身の人生設計を伝えるためにも、自己PRや志望した動機の中に織り交ぜながら話すことで、面接担当官にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。なので、たとえ、質問されていない箇所についても、あなたの方から企業にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いでしょう。

  • 転職をする時に面接でおいてほとんどの人が聞きだされるこ…

  • 転職をする場合でかなり高確率で問いかけられるのが会社を退職した原因についてですが、この質問になった際には話の中心を退職した会社にしない方が最善です。前職を辞めた理由が話の中心になると絶対に悪い印象を与える要素を含んだ内容になってしまいます。この点を上手に進めていくにはどうして前の会社を退職したのかという事をぜひともこちらの会社に入社したかった理由があるという内容に進めていくということで、入りたい会社に話の内容を傾けていきましょう。こういった内容ならば悪い面ではなく積極性を前面に押し出した辞職の理由に変えることが可能です。

  • 看護師|転職時の面接に転職したい会社へ赴いたときのことですたま…

  • 転職したい会社の採用面接に希望先の会社へ出向いたときのことです。たまたまその会社の会議室や応接室がすべて他の客でつまっているということで外部のとある場所で待ち合わせて採用面接をし、その場所で解散をして、面接官もそのまま直接帰宅するとのことでしたが、驚くことに下りる駅が私と一緒だったのです。そのため電車内においても面接官とずっとお話をしながら帰ることとなり、すっかり緊張がほぐれて面接の時よりも込み入った話ができて、それが奏功したのか問題なく採用も勝ちとることができました。

  • 求人関連の情報をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」という人ほど…

  • 求人に関する情報を見るとき、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりしますが、そうした人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と間違って解釈している場合もあります。事実、製造業の求人であっても経理、総務、人事などの従業員募集をはじめ、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する部署も多数あるのです。とはいえ、製造業の勤め先はオフィス街から距離があるので、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそれが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、そうだとしても、自分の執着をなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。