看護師|転職エージェントに登録した場合、電話やメール連絡が何回も入ります。

看護師|転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。

転職サイトでは、登録後、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、結構驚く場合がよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事だとされるので、かなり積極的な姿勢を見せます。その中でも大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業からお金を受け取るシステムといえるので、転職したい人の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。また、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れると間髪入れずに、入社を強くすすめてくることが多いです。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職することがないように気を付けましょう。

転職期間では知らず知らずのうちに時間が有り余っているため、…

転職期間ではつい時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。ですが、そのような生活をするのはお勧めできません。というのも、緊張感のない、ダラけた生活が普通になると、「心」も不健全な状態になるからです。ですから、いつの間にか仕事をしようとする気力がわかず、お金に困ってしまうかもしれません。このように、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の仕事をなかなか決められなくなります。転職先を決められなくなるのは、もらえるお金を一番に考えるためです。給料を第一に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラけるような生活は(転職活動中には)不必要です。

何年か前までの求人情報では、募集条件の中に「性別」まで…

以前は求人誌では、必要とする人材の「性別」まで明確に書かれていました。ところが現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、採用する際、男女の差別がしてはならないルールが敷かれ、求人情報の中身に「性別」が記載されなくなりました。ですが、募集情報を出す側は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。ですから、実は男性が必要な案件に女性が応募したり、女性希望の企業に男性が来てしまったり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。もし、「女性が活躍できる職場です」と紹介されていたら、求めているのは女性だと解釈しておいたほうがトラブルを避けられます。

看護師|女性の転職は、セクハラが社会的に問題になる前と現在とで…

女性が再就職する際、現在と一昔前では若干、変化があるといいます。かつては面接の際に会社側から、結婚観や出産後の仕事に関して、普通に女性たちへ質問していました。ところが、今ではその手の内容は、セクハラに該当するかもしれないので聞かない会社の方が多くなっています。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、NG質問として神経を尖らせているようです。ただし実際、会社側としては、YES・NO、の2択ではなく、その女性が、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を当然、把握しておきたいとは思っているものです。自分の将来設計を知ってもらうためにも、志望の動機や自己PRと並行して伝えることで、企業側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うのです。ということで、聞かれていない部分も、先にあなたから気遣いながら答えてみることを考えてみてください。

再就職する場合の面接で絶対に聞かれるのは職場を辞…

転職する場合の面接でかなり高確率で問いかけられるのが以前勤務していたところを辞めた理由なわけですが、このような質問になった際には話の内容を辞めた会社からそらしたほうが無難です。そこにスポットを当てると言うまでもなくマイナス面を伴った面接に進んでしまいますから。この点のポイントは、どうして前の職場を退職したかという点をぜひともこちらの会社に入社したい理由があったからといった話にできたらベストという感じで、入社したい会社の方にスポットを当てるべきなのです。転職理由でも、その会社の内容であればマイナスではなく良い面を押し出したものに変えることが可能です。

看護師|転職の採用面接にとある会社に伺ったときのことです。

転職したい会社の採用面接にとある会社に向かいました。偶然社内の会議室や応接室がすべて他の客でつまっているということで会社外部で面接官と待ち合わせをして採用面接を行い、その場所で解散し、面接をした方もそのまま自宅に直接帰るとのことでしたが、なんと下りる駅が私と一緒だったのです。結局は電車内でも彼とずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰ることになり、結果として打ち解け面接よりお話が弾み、それが功を奏したからなのか何事もなく採用を勝ちとることができました。

求人サイトをチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど…

求人に関係する情報を見るとき、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業を見ようとしないものですが、そのような人というのは、「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。事実、製造業での求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材・購買や営業管理等のオフィス系の役職もたくさんあります。けれども、製造業の勤め先自体、オフィス街にはないのでそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。でも、自分のこだわりを捨てることによって良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。