看護師|転職を目前にしているなら、現在勤めている会社を退社する・・

転職を行うにあたって、現在勤めている会社を辞める時に…

  • 転職をするために今務めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もし自己都合で退職願を提出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険はすぐに受け取れません。手続して失業したことが認められてから3か月の期間が必要なのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果としてハローワークの職員と口論になっているのを見たことがあります。なお、自己都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのちすぐ失業保険が給付となります。

  • 看護師|転職するのなら、転職前に資格を取るとステップアップします。

  • もしも将来、転職したいと考えているなら、先に資格を取得することで有利に事が運びます。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取っておけば、転職活動にそれを有効活用できるので、転職先を探すのが容易になります。といったわけで、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番最適です。もしあなたがキャリアアップを考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、会社を辞めた後も躊躇なく次に進められるはずです。また、資格を取得できれば面接のときには担当者に「即戦力」と判断され、それまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

  • 看護師|転職で、「派遣社員」を選択予定の方に覚えていただきた・・

  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意していただきたいポイントがいくつかあります。まずはじめに派遣というと、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」などの仕事内容を思った方が少なくないとは思います。実は私自身もまさにそう思っていました。現在の会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「メインの業務は電話対応になります」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。でも、実際に入社してみると、まさか「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を要求されました。知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とはかなり違っていたので毎日非常に困っています。今はとにかく、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

  • 大半は大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから、…

  • 多くの場合一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職希望者には適していません。また、都心以外だと転職のチャンスがとてもきびしくなります。例外的に、製造業の企業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地などを製造の拠点としていることも可能性があります。さらに、そういった場所では、事業拡大とともに「人員募集」をしていることが多々あるので、この機会に転職を考えるのも悪くありません。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、希望する企業の情報を仕入れておきましょう。その企業のホームページをチェックし、スタッフの募集予定はないか、ちょくちょくチェックすると良いでしょう。

  • 看護師|就職活動は、年収抜きに考えることはできません。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接において、現職の年収と、今後の希望年収額も訊かれるはずです。ここで現実の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、現在の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みはまず無理です。もし、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円であると伝えておくとよいでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職を余儀なくされるかもしれません。

  • 生涯初の失業保険を受ける際に、じっとしていれば給付されると思っている・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人がほとんどだと思いますが、それは誤解です。実のところ、きちんと受け続けるためには、就職活動をしなければならず、さらに、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月間隔でスタッフに就職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていると判断されれば次の月の給付が行われるという仕組みです。因みに本気で仕事を探そうとしていないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、当然問答無用で給付を一時的に止められたり、以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために注意してください。

  • あなたが転職活動をしているなら、気になった求人(職種・・

  • これから先、転職活動をされるなら、気になった求人(業種)を見つけたら、逐一、「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで調べておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界のマイナス部分について、知ることはできません。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索によってカンタンにいとも簡単におおまかな実態を理解できます。そのような検索をしないまま、入社した場合、のちに落胆してしまう可能性もあります。そもそも求人募集が出ている理由が「仕事内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」というケースが少なくないため、目に留まった案件について、しっかりチェックしてから応募することを心がけましょう。