看護師|転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業側からも次世代の変化が顕在化しつつあります。そういった変化を受け、民間企業の側でも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足が社会では大きな問題となっています。なお、「外国人労働者」の数を現状よりも増加させていく、つもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題も幅が広がりそうです。このような社会的変化によって国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。
  • 看護師|「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載され案件の量も多くなるの・・

  • 転職サイトは、大手であるほど掲載される転職情報が豊富なため、気に入った2つか3つの会社を、メンバー登録しておいて、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、さらに条件に合う求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に情報を集めることが可能です。しかしながら、最初は登録が若干厄介なのでサイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。初めの登録のときはけっこう時間がかかることから、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、最初の準備をきちんと行うことを頭に入れておきましょう。
  • 働いていることで心的に自分が苦しくなって職場を変えなくては、という気持ちになったな…

  • 職場環境が原因で心的にとても苦しくなってしまい、転職せざる負えなくなってしまった時には、そのときは、会社(の関係者)と相談していくより身内と相談しながら退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそのほうが良いのかというと、仕事をするということは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に身内の問題でもあるのです。どれだけ高い給料を得られたからといって、メンタル面がダメージを負ってしまうまで働くことは、好ましくありません。現在では、金銭的なことよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にする生き方も認められつつあります。ですから気に病むことなく、家族や、あなたの心身をいたわりましょう。
  • 今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりし…

  • 現代では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件による取り締まりが強化されたり、会社名が公開されたりと不利益を被る仕組みが出来てきましたが、完全には程遠いというのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要が出てきます。はじめに、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目を順番に遠慮せずに質問しましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であれば、不自然な返答になったり、あるいは、その場で答えられなかったり逃げようとします。「給与」「残業」「休日」については、質問をしつこくしていると、困った表情を見せる可能性大です。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、何か違和感を感じたら、その会社に入社すべきではありません。
  • 在職中であるのなら、できるだけ周りの人間にバレないよ…

  • 雇用期間にあるときは、状況が許す限り、同僚にバレないよう(自身の経験談ですが)雇用中に転職する考えだけを早い段階で会社内で話してみました。だが、それから、求人サイトを散々探していたのですが、悲しいことに転職先のあても、転職時期も計画も立てずに進めていたので、時間だけが経過してしまいました。挙句の果てにはその一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験したあとで、次の就業先を探すハメになりました。
  • 看護師|知っている人からの紹介を通じて転職の先を見付ける人がいます。

  • 人の紹介で転職の先を探すこともあるでしょう。ですが、労働環境や労働条件といった点に関して紹介者の口コミをあまり信用しすぎるとあまり面倒なことになるかもしれません。口コミの中でもある特定の人の口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。それ故に友人・知人にしたらとてもよい職場環境だったとしても、自身には、そうではない可能性があります。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミのみで判断せずに、最後は自分の決断を信じるしかありません。
  • その昔は看護婦と言った看護師という仕事は、やっぱり女性比率が高い…

  • 看護婦と呼ばれていた看護師は、歴史的にも女性の割合がかなり大きい職です。あまり知られていないかもしれませんが気力だけでなく体力のひどく消耗が激しい傾向にあります。とうぜんのように職場の対人関係で行き詰まったり、自身の結婚・出産などによってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事です。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を変える人が多いのが現状です。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に困っています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を募集する「売り手市場」な状態で、それが転職増加の状況となっています。