看護師|転職の面接を受けるため希望先の会社へ出向いたときのことです。

転職の採用面接を受けにある会社に出向きました。

  • 転職の採用面接を受けに転職したい会社へ伺いました。その日に限ってその会社にある部屋が空きがないということで外部のある場所で面接官と待ち合わせて採用面接を行い、その場所で解散し、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅の最寄駅が一緒だったのです。ですから電車内でも面接を行った人と一緒におしゃべりをしながら帰宅することになって、そのためすっかりリラックスして面接しているよりもお話が弾んで、それが良かったからなのか問題なく採用もゲットすることができました。

  • 看護師|求人情報をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほ…

  • 求人に関する情報をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど製造業を見ようとしないものです。そういった人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。製造業での求人であったとしても、経理、総務などのスタッフ募集から、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する部門もとても多いです。ただ、製造業の仕事場はビジネス街から外れたエリアにあります。ですから、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。だとしても、自身のこだわりを捨ててみることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

  • 看護師|クールビズで転職の面接に行く場合、いくらなんでジャケットま…

  • クールビズのスタイルで転職の面接に臨む場合、さすがにジャケットまでは着なくても大丈夫だと言い切れますが、ネクタイは面接では着用しているほうが安心です。タイはなくても良いと考えている会社もある場合もなくはないです。ですが、ことネクタイについては例えクールビズだろうと着用しなければならないと思っている企業がいくつかあります。それゆえに、例えクールビズ(軽装)の恰好ではネクタイだけはしていく方が印象が良くなるということを知っておいてそんはありません。

  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えてきました。

  • 今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人だけでなく、「研究開発論文」を発表した人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何らかのインパクトがあった人をターゲットに、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思われる連絡をもらったのなら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。ときとして、ヘッドハンティング名目で登録料を要求してくる業者もありますが、ほとんどは嘘であるので引っかからないように注意しましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を払う必要などありません。

  • 求人広告には、ほとんどの場合、普通の職場では月の給与の記載に目が行きますよね。

  • 求人関連の情報では、ほとんどの場合、多くの株式会社では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収を調べれる時には、注意深く確認する事が必要です。数字だけを見て判断しないようにしましょう。そのわけは場合によっては、月収の額の中に「毎月10時間の残業」を含んでいるかもしれません。それは残業代を入れることで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられるのです。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せているケースもあるんです。こうして表記された数字どおりとなる見込みがない会社にはスルーしておくのが無難といえます。

  • 看護師|今現在の自分の勤め先・仕事内容について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 現在の職場・仕事内容について少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自分の持っている能力(スキル)を真摯に評価してもらえない」したがって、「報酬は上がらないし、将来昇格する見込みもない」といった不満を挙げる人が多くいます。けれど、その手の不満を持っている人の一部には、本人が自分自身の技量を実際よりも過大評価していることもあるのです。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と転職がうまくいかない可能性が高くなってしまいます。可能性があるので、注意しなくてはいけません。転職活動に当たっては本来の自分のキャパシティを客観的に分析することからはじめて見てください。

  • そろそろ転職することを考えているのなら、現状の業務や…

  • 転職活動しようと思うのなら、現在の仕事や業務の何に対して不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。元々不平にガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。でも「よく考えて今の仕事の不満点を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあと、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を防ぐことが可能です。