看護師|転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えていただきた…

転職で、「派遣社員」を選択予定の方に注意して欲しい箇所が複数あります。

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人にぜひチェックしてほしいことが何点かあります。まずはじめに派遣と聞くと「データ入力」「電話対応」「その他雑用」といった業務内容をなんとなく考える人が少なくないでしょう。最初は私もかつてはそう思っていました。現在働いている職場に入るまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「主な業務は電話対応になります」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。ですが、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役を頼まれました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明とは全く違うので全くわからないような内容でしたので、現在は、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

    看護師|たいてい一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた…

  • 一般的に見て一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職希望者には向いていません。また、都会以外だと転職のチャンスがさらに小さくなります。ただし、製造業の場合、都市部でない地方の工業団地周辺に製造工場を構えていることが少なくありません。その地方工場では事業拡大時等に途中採用することも珍しくありません。この好機を利用するのが無難です。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、転職を希望する企業の情報をあらかじめチェックしておきましょう。公式サイトに訪問し、人員募集の予定がないか定期的にチェックしてみてください。

    看護師|就職活動において、年収は極めて大切な要素です。

  • 就職活動において、年収は非常に重要な要素です。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、どのみちウソがバレてしまうためです。トラブルの原因になることもあるため、現職年収は正確に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、年収300万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばよほどのことがない限りありません。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円と伝えておくべきです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社を直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

    生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても受け取れると思っている・・

  • 生涯初の失業保険の給付を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が多数派ですが、それは誤解です。現実には、失業保険の給付を職探しを続けていることが必要で、さらには、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔で担当者に就職活動の状況を報告して真面目に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。また、本気で仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に不参加な場合は、決まりとして給付をストップされたり、ときにはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるので気をつけてください。

    看護師|これから先、転職活動をされるなら、気になった求人(OR 職種…

  • 転職活動をするという時は、気になった求人(業種)を見た際にきちんと「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票・転職エージェントの情報では、まずその業界のマイナスとなる面は、教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なインターネット検索によってその実態を知ることができます。そのような面を知らずに入社した場合、あとから入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人が頻繁に出ている理由が「内容がきつく、人が辞めて穴が開く」といった場合が多くを占めるため、目に留まった業種について、注意したほうが良いでしょう。

    看護師|この頃パソコンで調べればインターネット上には、今で・・

  • 世の中は便利になったものでPCやスマホで調べればインターネット上には、今では転職系のサイトが多すぎるくらい存在します。その無数のサイトから自分自身が欲している転職先を見つけたいなら、何よりも情報を集めることをしましょう。こんな転職サイトをうまく使いこなすことで、満足度の高い転職が実現します。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用に値するサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、しっかり確かめてみましょう。

    転職エージェントは大手であるほど、たくさんの案件を扱って…

  • 大手の就職エージェントに限って、多くの案件を扱っているというメリットがありますが、同時に転職を希望する競合者もたくさんいる可能性が高いです。したがって応募希望の会社があっても、あなたの担当者が難しいと判断すると応募してもらえないこともかなりありますし、あなたよりも入社の見込みがあるライバルがいれば、その人を優先して送り込む傾向があります。要するに大規模な転職エージェントの場合、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱いとても難しいので、少し規模の小さいエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できませんか?と相談してみると、自分の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。