看護師|転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ覚えてほし…

看護師|転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ注意していただきたい…

  • 転職を、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してもらいたいポイントが何点かあります。一般的に派遣に対して、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」といった仕事をなんとなく思った人がいるはずです。本音を言うと私もまさにそう思っていました。現在の企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「お願いしたい業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。しかし、実際に入社したとたん、なんと「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を指示されました。いつも毎回振り回されますし、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので困っています。今は、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。
  • 看護師|大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから…

  • ほとんどの場合大企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には適していません。そればかりか、都心以外だと転職の見込みがたいへん低くなるでしょう。しかしながら製造業の企業においては、都市部でない地方の工業団地近辺に工場を持っていることもよくあります。また、そういう工場は、事業分野の拡大にあわせて人員募集をすることも珍しいことではありません。この好機に転職を考えるのも悪くありません。地方の工場での転職を考えているなら、希望する会社についての情報をまえもって収集しておきましょう。ホームページにアクセスして、求人がないか頻繁にチェックしてみてください。
  • 転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

  • 就職活動において、年収は大変大事な要素です。面接の時、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで本当の年収より多く言って、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソはバレてしまうからです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、転職後すぐに500万円となる見込みはまず無理です。仮に、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。
  • はじめて「失業保険」をもらう際に、何もしなくてももらえると思っている人…

  • はじめて「失業保険」をもらう際に、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が少なくありませんが、それは正しくありません。実際には、失業保険をもらい続けるためには、「就職活動」をしなくてはならず、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月スパンで職員に就職活動の状況をきちんと説明して真面目に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。また、就職活動をしていないと見なされたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加な場合は、決まりとして給付の一時停止の措置を取られたり、以降の給付資格を失うことになるので注意しておきましょう。
  • 転職活動をしているなら、気になった求人(もしくは職種)…

  • 転職活動をされているのなら、気になった求人(職種)を見付けるたびに逐一、「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界のマイナス面などは知ることは不可能です。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索を通じていとも簡単におおまかな実態を理解できます。そのような現実を知らずに入社してしまうと、あとになって後悔してしまうかもしれません。その求人が出されていた理由が「仕事内容がキツイから人が辞めて穴が開く」ということもかなり多いため、目に留まった業種や案件に関しては、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。
  • 看護師|世の中は便利になったものでスマホで調べればインターネットの世界では・・

  • 最近はスマホを使えばわかるけどネット上では、いわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがかなりの数存在しているのをご存知でしょうか?その多くて困るくらいのサイトから自分に合った転職先を見つけたいなら、とりあえず情報を収集することが必要です。こんなサイトをうまく利用することで満足度の高い転職が叶えられるはずです。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。まずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、厳しく確かめてみてください。
  • 看護師|転職エージェントは大手に限って、潤沢な案件を抱えてい・・

  • 大規模な転職エージェントほど、多数の案件を抱えているといえますが、それと同時に転職を希望するライバルも多くいます。したがって応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当スタッフが見込みが少ないと判断すれば応募してもらえないこともよくありますし、あなたよりも入社の見込みがあるライバルがいれば、その人を優先したりもするのです。大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱いなかなか難しいので、方針を変更して少し規模の小さなエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できませんか?と相談すると転職希望者の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。