看護師|転職する際、比較的重視されるのが「面接」です。

看護師|再就職する際、重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。

  • 再就職する際、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」です。普通の面接の際は面接担当者が当人に対して転職の動機などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして必ず、面接の終盤になると、転職希望をする人からの疑問点などを質問できます。面接担当のスタッフから「何か弊社について疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が気持ちの準備もできていないし、質問を遠慮してしまう可能性もあります。後々後悔しないように事前に面接担当者からの問いに対する、聞きたいことを準備しておくのもいいかもしれません。冷静になればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • ある会社に派遣されて働いています。

  • 派遣社員として勤務しています。派遣法や労働契約法の関係で残念なことに長く勤務してきた派遣先での仕事があと数週間で終わります。同じ派遣の方の中には、派遣で勤務している会社で正規社員の待遇をゲットした方もいるのですがはっきり言うと仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのご機嫌取りがうまい方で引き立てがあった様子。テクニカルスキルより上司のおじさん転がしスキルが必要なんじゃないのと抜擢されなかった派遣仲間の同僚と勤務先でいつも文句を言っています。
  • 看護師|再就職の面接などにおいてもし担当者に名刺を渡された場・・

  • 再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を差し出してきたら、自分も相手の方に名刺を渡した方が良いのかどうかと悩んだときは、一般的には差し出さなくても良いと知っておくと良いですね。面接というものは仕事の延長ではなく、就職活動内のことになるので、普通に考えれば名刺をやりとりする時間ではないのです。そのうえ、会社の人としてではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。そのため、もしも相手から名刺を渡さても、こちらとしては、ただ受け取るだけでよくて、面接担当者に相手の方に渡す必要は少しもないと判断できます。
  • 安定的な生活を求めるべく正社員として働こうと思っている…

  • 安定的な人生を欲しがり正規の雇用社員を目指す人は少なくない、というのが現状です。ですが、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、正社員として雇用されることがうまくいかないこともあります。非正社員の求人はたくさんあるのに正社員の求人募集以外は気にも留めず時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。万一転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、非正規雇用者に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、働きぶりによって2,3年で正規雇用への転身を狙えることもあるんです。採用面接時に、「正社員登用」の機会があるかどうかを質問しても将来のプランも組みやすくなります。
  • もしも転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

  • 再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ると職場の状況が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。また、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、むやみに「転職します」と周囲に伝えるのは注意が必要です。上記のような状態を避けるために、今所属している仕事場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を去れるはずです。さらに、円満退職になれば、退職後も、相談にのってもらえる機会にも恵まれるでしょう。何処の会社も人との縁は大事なので、会社を辞める前のトラブルには警戒しておきたいものです。
  • 転職活動する場合、「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。会社の大部分は履歴書及び職務経歴書に記載されている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類が重要なポイントです。ただ記入するだけにとどまらず、記載内容が充実していることも大事です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出します。また、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。例をあげれば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など明瞭に記してみましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な文章を引き出したりして自分の価値が高まるように、利用することも一つの手です。
  • これは知り合いから聞いた話です。

  • これは兄の友人の話です。就職活動を始めて新卒時に入社第一志望であった最終目標であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら内定を得られず、そのため嫌々ながら他の会社に入りました。1年経過したぐらいに派遣の求人サイトの中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、いてもたってもいられずその時の会社を直ちに辞めて、A社で派遣勤務を開始、死ぬ気で頑張ってその先幸運にもA社で正社員として採用されて、現在は仕事のやりがいを感じながらいきいきと仕事しています。