看護師|転職するため職探しをする際に特に注意が必要な求人情報は・・

就職活動するときに気を付けたほうがよい求人情報は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよ・・

転職するため職探しをする場合に気を付けて欲しい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いものです。このような求人は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合がとても多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間や45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので前もって給料形態に残業代を入れておくという仕組みになります。(なお、これは合法です)もし『みなし残業代50時間込』とあれば、「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料になります」という求人になるわけです。でも、悪質な求人には『みなし』を意図的に表記してないこともザラですのでよく気を付けてください。

私たちの労働環境は、これからより一層簡単な作業は機械に変えら・・

今後の社会では確実に簡単な作業は機械化が進んでいき、結果として、そういう仕事をする稼働人口はどう考えても削減されます。なぜかというと考えなくてもできる仕事という観点では機械で作業するほうが圧倒的に強いからです。数をカウントしたり、同一の手順を延々と繰り返すことは、機械なら何の苦もないのです。当たり前のことながら人間とは違って泣き言を言わず、ペースが変わることもなくインチキをすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一だし、おまけに報酬も発生しないのです。このような理由から、人を使う理由が無いため、機械に移行していくのも当然といえます。

看護師|転職活動をしていて面接のときに絶対に聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

転職のための活動を行っていて「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。志望動機については、思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由についてありのままに話すのはよくありません。転職理由でよくある報酬に対する不満、人間関係に関する問題など、聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。自分が不利になることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そして、この企業に入ってこんな仕事をしたい、5年後はこうなっていたい、その希望が叶うのは御社しかありません、とポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

転職候補先の見学ができれば、たいへん勉強になります。

転職候補先の見学ができれば、かなり参考になります。また、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるため、楽しくもなります。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ、本当の仕事現場を見せてくれることは少ないです。例えると、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。個人のプライドも高い業種なので、実際に入社してみないと、実際の姿はわかりません。ですから、見学だけの仕事だと考えないことがたいへん重要なのです。また、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は、かなり問題なので正直言って、良い会社とは言えません。入社してもいない人には何かあっても、保障がないので、仮に、勧められたとしても角が立たないように断るほうが良いでしょう。

看護師|転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。ですが、働きつつ求人をチェックし、さらに応募手続きをし、面接に臨む、というのは消耗が激しいといえます。今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接が決定した後で辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントをあいだに入れていた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、他方自身で直接、応募した場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と認識しなければいけません。

転職活動を行うとき、様々な経路で情報を収集することが多いと思いますが・・

転職を行うにあたっては、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当におすすめです。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社した元社員の復讐としてその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、違った角度から見れば、ウソの書き込みであれば会社側が気にする必要は無いと言う事になります。あるいは、本当は『クロ』で「真実が書かれているので、はやく炎上をしずめよう」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いのは、その分トラブルに遭遇するリスクが高くなると捉えておいて問題ないと思います。何より、良い会社だったらトラブルなんて発生しません。

転社を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。

転社を繰り返さないためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を強くするための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。また、転職とは違う行動をすることもメンタルを鍛えられます。たとえば「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、刺激をたくさん受けることができます。ですから、帰国後変化があるのです。帰国すると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え面接を行えば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職直後は精神面がもろくなっている人も多いのでほどよく休むようにしましょう。