看護師|転職するための期間中は、つい時間に余裕がある分、だれた生活になりやすいですよね。

看護師|転職期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間があるため・・

  • 転職期間中は、ついつい時間に余裕があるため、だらけてしまいがちです。けれども、そのような生活はできるだけ避けたほうが良いです。というのも、だれた生活を続けると、肉体的にだけでなく、「精神的」も不健全な状態になるからです。気が付くと、仕事をしようとする気力がなくなり、経済的に困る状況にも・・・。そのまま、すべてにおいて悪循環になり、転職先をうまく見つけられなくなります。再就職先を決めることができないのは、もらえるお金を最優先に考えるようになるからです。給料を一番に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られない生活を始める為にダラけた姿勢は、しないように気を引き締めましょう。
  • かつては求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」・・

  • 数年前の求人誌に「性別」が明確に記載されていました。しかし現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、男女差別が雇用の際にあってはならない事となり、求人情報の中身に「性別」を明記できなくなりました。そのような変化があったのですが、求人情報を出す側は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。実際、実際は男性欲しい案件に、女性が募集にやってきたり、女性希望の会社に男性が応募してきたり、といった問題もひとごとではないのです。もし、「女性が活躍している職場です」と紹介されている求人募集の場合は、これは女性を望んでいると読むのが無難です。
  • 女性が転職する際、近年と一昔前では多少の変化があるようです。

  • 女性の再就職において、現在とセクハラが問題視される前では若干、違いがあるようです。前までは会社側から結婚と出産の予定の有無などに関して、ごく一般的なこととして質問されることがほとんどでした。ですが、今ではその手のデリケートな内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞かない会社、が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。けれども実際、面接する側はYES・NO、で返答するのではなく、その人の価値観、結婚した後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいと思っている事でしょう。あなたの価値観をわかってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと併せて伝えることで、企業側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うわけです。そういうわけで、たとえ、聞かれていない部分も、先にあなた自身から気遣いつつ、話していくことを考えてみてください。
  • 転職で面接でかなり高確率で問われるのは前の職場を辞めた…

  • 再就職の面接でほとんど質問されるのが前に働いていた会社を退職した理由なわけです。このような質問が出た際には話題を退職した会社にしない方が好ましいです。前職を辞めた理由が中心となり話が進むと必然的に良くない面を含んだ話の内容になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、なぜ前職を辞めたかという点をこちらの会社にどうしても入りたかった理由があるという感じに向けていくということで、今、自分が面接に来ている会社にスポットを当てるべきなのです。転職理由でも、そのような話ならば、マイナス面を隠し積極性を前面に押し出したものに変えることが可能です。
  • 転職のための面接を受けにとある会社に赴きました。

  • 転職における面接に赴いたときのことです会社で会議室が空きがないとのことで会社外で採用担当者と待ち合わせて採用面接をして、そのまま解散して、面接を行った方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅からの最寄駅が同じ。結局は電車の中においても面接を行った人と一緒に話をしながら帰ることとなり、結果として緊張が解け面接よりお話が弾んで、それが良かったからなのか何事もないまま採用を獲得することができました。
  • 看護師|求人に関する情報をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人…

  • 求人誌をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業をスルーしてしまっています。そういったことをしている人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。製造業の求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、資材・購買や営業管理等の事務系の部署も相当数あります。とはいえ、製造業の勤め先はオフィス街のような環境とは違います。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと感じるかもしれません。そうだとしても、こだわりを捨てて、素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。
  • 看護師|クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に行く際には…

  • クールビズの格好で転職の面接会場に行こうとする場合、いくらなんでもジャケットは着て行かなくても安心であると言えます。ですが、ネクタイは面接では着用しているほうが悪い印象を与えることがありません。タイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている会社もある可能性はあるにはありますが、ネクタイについてはクールビズであってもすべきだと思っているところが一定数存在します。ですから、クールビズと言われていたとしてもネクタイだけは着用いく方が悪い印象を与えないということはお知らせしておきます。