看護師|現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり…

「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、…

  • 現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、厳しく罰する傾向にありますが、完全とは言い難いというのが現状です。したがって、面接で見破る必要が出てきます。最初に、求人票などに記載された労働条件に目を通して、怪しい点についてあれこれ質問してみましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げ腰になるでしょう。中でも給与や残業や休日に対しては、質問を続けていく中で、渋い顔をするケースが多くあります。それでもしつこく聞くとふてくされたような態度を見せ始めるため、ブラック企業だと見破ることができます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。
  • 雇用期間中なら、状況が許す限り、周りの人に悟られないよう、…

  • 雇用期間中は、できれば周りの人間に悟られないよう、(私の例ですが)就労期間中に「転社するかも」という意思表示のみを早いうちに会社内で仄めかしてみました。でも、その後転職サイトを必死に見て回ったのですが、結局働く先もタイミングも計画も立てずに煮詰まっていないまま知らぬ間に時間だけが経過してしまいました。その一方、社内では業務の引き継ぎ、諸々の手続き、私自身の退職予定日などが段々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」といった、お粗末な事態になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 看護師|友人の紹介をキッカケにして転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知人の紹介で転職の先を見つける人もいます。それも悪いとはいわないけど転職をした先の労働環境やそれから労働条件などを紹介者の口コミをあんまり信用しすぎると後々面倒なことになるおそれがあります。口コミである以上、個人の口コミというのは、客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。つまり友人・知人にしたら心地よい職場環境に思えても、、あなた自身の価値観に照らし合わせたときには、イライラするだけの可能性もあります。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最終的には自分の目で確かめておくことも大切です。
  • 看護婦と呼ばれていた看護師という職業は、どうしても女性の割合がすごく大き・・

  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師といえば、どうしても女性比率がたいへん大きい職種です。また気力・体力の消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのために、職場の環境での対人関係がうまくいかなかったり、自分の結婚や出産の後に仕事とプライベートのバランスをかなり取りづらい仕事でもあります。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職される人が多い現実があります。流動性が高い仕事であるため、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に変わらず継続しています。というワケで、各病院は、看護師が足りない「売り手市場」であるため、それが転職増加の状態に拍車を掛けています。
  • 看護師|『転職したい!』と思っていて、将来の進路がハッキリしているのな…

  • 『転職したい!』と考えていて、自分の意志が固いならば辞めたいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜならばここでは曖昧な表現をするともしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私もそういった経験があり、ズルズルと長引き結局、半年以上にわたり辞められませんでした。退職したいことをはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、数ヶ月働いて退職届けを出せたのは同年の11月です。本当は、ちょうど年度末を区切りにしたかったのに、うまくいきませんでした。やっぱり職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常に呆れてしまいました。
  • 看護師|仕事を探すにあたっては、インターネットでのエージェント…

  • 転職活動において、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)つまり斡旋してくれる会社があるが、たとえその種のところに登録してその結果職を得ることができた場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワークを通さずに就業しても給付してもらえないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。これと違って、ハローワークにより斡旋してもらって就職したときは、就職のための準備金として、一時金を受け取ることが可能です。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険とは何の関係もありません。このようなことを押さえていなければ、失業中に給付金を手に入られないので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。
  • 看護師|この頃では、株・不動産投資などといった不労所得のほか…

  • 今の時代は株・不動産投資の不労所得、または個人事業主を目指す人も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「雇用されて働く道こそが正義」といった従来の考えも変わってきています。高度経済成長を遂げている際には、将来的に不安定な自営業で生きるよりも組織の一員であるほうが手堅いとされていました。人生の花形として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されていました。そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」とも言い表されています。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。