看護師|新卒採用で入った会社にさよならをして心を改めて転職を決意しました。

新卒で入社した会社を離れ、勇気を出して転職しました。

  • 新卒で入社した会社を去り、転職すると決めました。当初はしばらくの間ちゃんと転職できるか不安でした。でも、会社を数年で辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを私自身が会社を辞めたことで痛感し、自然と不安な気持ちが無くなりました。1回でも転職をするとなにか精神的にも余裕がでてきて、自分に合った仕事見つけることが出来て楽しくなっていきました。なかには「仕事を変えるのは良いことじゃない」といった意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私自身、転職を決断して後悔はありません。

  • いい企業がいいと転職をする活動中の人の大半は「1日でもはやく・・

  • 違った企業の社員になりたいと転職をしようとがんばっている大半は、「はやく、内定(採用通知)を手に入れたい」と思っているはずです。しかし、その気持ちが強くて良い知らせを得たいあまり、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、その逆に過小評価にしかならない言動はゼッタイにしないでください。大事なのは焦燥感をこらえて、冷静に、そして客観的に、あなた自身の能力にあった職場探しに集中しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる会社を見極めましょう。

  • もしあなたが、現職からの転業を意思を固めたなら、まった…

  • 例えば、現職からの転身を決定したなら、社内の人にはひそかにその気持ちを教えないように転職活動していき、転職先が決定していないのなら、できる限り周囲に悟られないよう平常通りに業務をこなしていくのが無難です。それならば条件にあう働き先が見つからなくても、転職予定を見送って現職にし続けても何ら問題がありません。でもついつい「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、同僚はその言葉に合わせた態度を態度をし出します。そのうえ「辞めるつもりです」と言ってしまうと周囲からは「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。そうなると、転職の気持ちがなくなり、「やっぱナシで」となっても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中ずっと、肩身の狭いと感じるかもしれません。

  • 看護師|この前転職のために人材紹介会社へ登録に向かいました。

  • 先日転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に向かいました。そのときカウンセリングの際に現れた担当者の雰囲気が見たところ入社間もない新入社員で、こちらが説明している話の5割ほどもその社員は理解ができていない感じ。それなのに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておく必要性があります」とか、わかったように横柄にしゃべるのでとっても不快でした。カウンセラーはいくらか社会人の経験がある人にしてほしいものです。

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場における…

  • 転職というものを考える際、そこでの年収ばかりに気を取られる人がわりといるようです。とうぜん誰しも仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給料として稼ぐために励むでしょう。自分自身がどれほど評価してもらえているか、という面もあるから当然大切に思うのは当然ともいえます。それにしてもひどくもらっている年収額ばかりをとらわれすぎてしまうのも人生を損してしまう気がしませんか?年収が期待できない業種でったも精神的な成長を遂げられるチャンスはあるからです。

  • 再就職する際に絶対に書く履歴書や職務経歴書などにおいてですが・・

  • 転職をしようとする場合、絶対に準備する履歴書などに関しては、原則、パソコンを用いて作成するのが一般的です。今の日本においては履歴書はパソコンを用いず手書きで作るというのが当然だと思われるようですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトやパートの時であって、実際のところ、転職の時は履歴書は100%パソコンを使ってはいけないとまでは言うことはできません。自筆を評価する時もあるようですが、違う会社がどんどん増えてきているようなので、パソコンで作られた履歴書や職務経歴書書でも大丈夫なケースは意外にも大量にあるのです。

  • 自身のスキルや資格を有効活用しながら、転職活動を考える場合に…

  • あなたが持つ現在のスキルを有効活用しつつ、転職を検討しているなら、再就職しやすい業界と、比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を大まかに知っておきましょう。転職がしやすい業界としては、働き手がいないと問題となっている「医療・介護」が、その最たる例です。それぞれ看護師・介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、仕事に対しての不満によって、他の業界に転職したいと考えているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、流動性はかなり低くなります。したがって、容易に考えないことが大切です。再就職される場合は、ほかの分野の仕事ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、気をつけましょう。