看護師|新しい転職先で、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職する企業で、年収に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ一年目は大概試用期間が含まれることも可能性が高いです。私自身のときは、苦労して新しい職を見つけることができたのに、悲しいことに前の職場での年収とほぼ差がありませんでした。加えて、仕事はキツく、責任のある立場で、1年目を乗り越えるのにたいへん苦労しました。そのような現実を踏まえると、初年度は、仕事を覚える期間と割り切り、できる限り転職前の段階で貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • 転職期間中には、「趣味」に没頭することに加え、体力を低下させないようにしておく・・

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに打ち込んだり、体力の向上を意識しておくとベストです。勤め口が見つかり、いざ仕事を再開したときに、趣味に集中していたおかげで知らないうちに集中する力がアップしています。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、その場の社員たちと比較すると疲れない身体になっている、と認識することができます。そんなわけで、退職後は興味のあるなことに集中することと、体力を落とさないようにすることをしておいて損はありません。転職後、その会社で同様の趣味を持った人と出会えれば、親しくなれるきっかけになるので、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 看護師|転身するつもりなら、労を惜しまずに多様な企業の情報をチェックすることが…

  • 転身を念頭に置いているなら労を惜しまずにいろいろな会社の情報を定期的にチェックすることが、転身先を選びやすくなります。今の仕事にやりがいを感じられないと思っている場合、本腰を入れて転職活動をする際にどこの会社もいいように見えてしまいます。そういった状態になってしまうと、どこを選んだらよいのか判断できなくなり、判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。すると、短期間で転職しなくてはいけなくなるかもしれないので会社の良しあしを見極める目を養っておくのがベストです。会社の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性を重んじる企業は取引先を公開していますし、そういった企業でない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、覚えておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループ名を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。

  • 派遣で働く会社が決定しました。

  • 派遣先が決定しました。勤務初日に派遣会社で営業を担当している人と就業先の近所にあるコンビニで落ち合うことになっていたのですが、どうしたことかコンビニの前にいないから中にいるのだろうと考えコンビニエンスストアの中に入ってみたところ、なんとまあ雑誌売り場に座り込んでいやらしいグラビアのところを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて絶対嫌だと感じ、挨拶もせずコンビニを出て即座に派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

  • 昔働いていた会社でのことですが嫌な感じの上司に困惑してしまい…

  • 勤務していた会社で意地の悪い上司に嫌な気分にさせられ、やっていくのは難しいと判断してその会社を退職し、他の同業者の企業に移りました。新しい会社では気分よく働くことができきわめて満足のいく日々でしたが、時が経つにつれて会社の売上が悪くなり、結局はある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にもその統合した会社がなんと以前勤務していた会社で、その上ものすごく嫌いだった上司が再び私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほどご縁があるのでしょう。当たり前ですが再び転職活動をし始めています。

  • 再就職の時にする面接での身なりはクールビズで来てくださいと…

  • 再就職の際の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと言われる場合がありますが、クールビズの格好で面接するのは本当は良くない印象を与えるのではないか?と感じてしまう人もいます。そのような考えを心に抱え込んでしまっている人たちに言っておきたいことが、クールビズを指定された面接の際は伝えられた内容を素直に聞き入れるほうが間違いないです。考えすぎて、夏の暑い時期にしっかりとスーツを着ていくと面接担当者に不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズで行く方が好ましいのです。

  • 転職を成功させるためには、前もって情報を集めることをしておきましょう。

  • 転職を成功させるためには、前もって情報収集をしておきましょう。ですから近年は名前を知られていない小規模な会社であってもホームページを開いているところがとうぜんなので、ネット検索で知りたい情報をチェックしておくとまたその企業の疑問点などをチェックしておくと転職に役立つはずです。さらに公式サイト以外にも「転職サイト」にログインするのも良いかもしれません。さらに、インターネット以外の方法として、転職の候補している職場を自分の目で見て判断してみましょう。