看護師|将来的に転職活動をするのなら、気になった求人(OR 業…

看護師|転職活動をされるなら、良いと思う求人(または職種)を見るた・・

今から転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業界)を見るたびにマメに「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票・転職エージェントからはその業界のマイナスにあたる箇所は、知ることができないのが普通です。もしブラックな面があるなら簡易的なネット検索によっていとも簡単に実態を知ることができます。そういった現実を知らずに会社に入ると、あとになってガッカリしてしまうおそれがあります。その求人が出ていた理由が「仕事の内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」といった場合も多くあります。気になった案件について、下調べをしてから応募しましょう。

世の中は変わっていてパソコンで調べればネットのエリアには…

世の中は便利になったものでPCは便利でネット上には、今では転職系のサイトが多くて困るくらいいっぱいあったりします。その多くて困るくらいのサイトから自身が求めている転職先と思えるのを見つけるにはまず、情報収集をしましょう。このような転職サイトをうまく利用することで効率的な転職が実現します。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

看護師|就職エージェントの大手に限って、たくさんの案件を扱っている…

大規模な転職エージェントほど、たくさんの案件があるというメリットがありますが、それと同時に転職希望のライバルも多くなります。それがためにあなたが、気になる企業を探し出しても、そのエージェント担当者が難しいと判断すれば応募してもらえないこともザラですし、あなたよりも入社の見込みがあるライバルがいれば、その人を優先することも考えられます。このように大規模なエージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っておりなかなか難しいので、考えを変えて中小規模のエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できませんか?と問い合わせてみると自分の利益を考えて動いてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。

看護師|仮にあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」において…

もしもあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移住した上で転職したい、と感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。最近では求人情報サイトを活用すれば、国内のどの地域の求人も容易に知ることができますが、しかし、郊外や地方での求人については、どうしても都市部よりも少ないのが正直なところです。ですから、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもよく確認し、「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートの情報もチェックすると良いでしょう。

生まれてはじめて転職を行う場合、頭に入れておかなければいけないの…

初めて転職をする際、気を付けなければいけないのはなぜ現在の仕事を去らなければいけないのかについてハッキリしておく必要があります。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。問題を解決できるであろう企業を選んでください。転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を行いながら就職活動そ行わなくてはならないため、時間と体力が必要です。それゆえ明確な理由もない状態で転職活動を行った場合、途中で息切れしてしまう危険があります。絶対に転職したい、現状を変えたいといった強い意志がない場合は、転職活動のスタートを切ることは保留にしておいた方が良いです。

全くの初挑戦の業種などに転職するときには、前の職場…

これまで経験したことがない業種などに転職したい場合には、自分が以前の職で身についたスキルや今までの経験を発揮することができるという訴えが必要です。初めてのジャンルの場合、未経験の分だけその業種で今まで働いてきた人たちよりも事実、不足することはありますが、自らが保持している力がその分野でも生きるということをうまく伝えれば、戦えるケースも多々出てきます。それゆえ、経験したことがないジャンルにチャレンジするときには、その業界と自分がこれまでやってきた仕事とのつながりを必ず探しましょう。

看護師|就職するため職探しをする場合に注意したほうがよい求人内容は…

就職活動をするときに気を付けるすべき求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長いものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースが多いです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間とか45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間が併記されているものです。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので前もって給料に残業代を組み込んで計算しておくということです。(注・違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代45時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という意味になるわけです。しかし、悪質な求人情報では『みなし』という言葉が場合もありますのでしっかり注意をしておきましょう。