看護師|女性の再就職については、数年前と今とで若干、変化が見受けられます。

女性の転職において、一昔前とここ最近とでは多少の変化があるようです。

女性が再就職する際、一昔前と現在とは多少の違いがあるようです。過去には面接の場で、結婚観や出産予定に関して、当たり前のように質問していました。しかし、現代では、こういった内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業ほど、タブーとして神経を尖らせているようです。ただ実際、面接する側としては、YES・NO、といった形ではなく、その女性の姿勢結婚後も働きたい、出産後の細かい予定を当然、知っておきたいと思っています。あなたの人生設計を知っておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと並行して言い表すことで、面接担当官も考えがわかり、判断してもらいやすくなると考えます。ですから、聞かれていない内容でも、あなたの方から気を遣って話を進めていきましょう。

転職時の面接で絶対といっていいほど問われるのは以前勤務していたところを辞めた…

再就職時の面接でほぼ絶対に投げかけられる質問が前の職を辞職したことについてですが、このような質問に回答する場合には話題を退職した会社にしない方が安全です。そこを中心に話をするとどうしても悪い面を含んだ話になってしまいますから。どういう風に進めればいいかというとどうして以前働いていた会社を退職したかという点をこの会社になにがなんでも入りたい理由があったからといった話題に向けていくということで、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社に話の内容を傾けていきましょう。行きたい会社の話だと好印象を与えることができる以前の会社を辞めた理由に聞こえます。

看護師|転職の採用面接を受けるため赴きました。

転職の採用面接を受けるため伺ったときのことです。会社の会議室や応接室が空いておらず外部のとある場所で面接官との待ち合わせをして採用面接をして、その場所で解散し、面接担当者も会社には帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、驚くことに下車する駅が私と一緒だったのです。ですから電車内においても彼と一緒に話をしながらいっしょに帰ることとなって、緊張がほぐれ面接しているよりも話が弾み、それが功を奏したのか幸運にも採用を掴むことができました。

求人をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」という人は・・

求人誌を見るとき、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業をあまりチェックしていません。そういったことをしている人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と間違って解釈している場合もあります。事実、製造業の求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、購買、営業管理のような「事務系」に類する仕事も結構な数あります。製造業の多数はオフィス街から距離があります。そのため、その箇所がマイナスと感じるかもしれません。だとしても、自らのこだわりを捨てることによって素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接会場に行こうとする際には、…

クールビズ(軽装)で転職の面接場に出向くときには、ジャケットはさすがに着なくても大丈夫だとはっきりとわかるのですが、ネクタイはしておいた方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイはなくても良いと思っている会社もあるケースもありますが、ことネクタイだけは例えクールビズでも必ず着用しければならないと考える会社が一定数存在します。したがって、クールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイはしていった方が印象が良いというのは伝えておきます。

近年はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの会社もたくさんあります。

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門会社もたくさんあります。「特許」を出した人などは、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許申請をした人、研究開発で論文を発表したことのある人や、雑誌で紹介されている人など、「功績」ある人をターゲットに、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと疑われる連絡をもらった際には、心当たりがないか考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求してくる会社もありますが、その手の輩はほとんどは詐欺なので、騙されないようにしましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が支払うものではありません。

看護師|求人についての情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場…

求人についての広告には、とうぜん大部分の会社では月収が記載されているはずです。この月収の箇所を見る時には、注意して確認する事が欠かせないです。その多い少ないだけでわかってしまわないほうが良いです。というのはもしかすると、月収の中身に月10時間残業の場合が条件になっているかもしれません。要するに残業代を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。さらに「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せているケースもあるんです。だから、その手の応募者を増やそうとする会社にはスルーしておくのが無難といえます。