看護師|女性の再就職において、ここ最近と一昔前では若干の変化があったりします。

女性の再就職において、セクハラが社会的に問題になる前と今現在と…

  • 女性の転職において、今日と一昔前では若干、状況が変わりつつあります。前は面接のなかで会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事など、一般的なこととして質問していました。でも、最近では、そういったデリケートな内容は「セクハラ」と捉えられ、聞かない企業の方が多くなっています。そしてまた、特に大企業の場合は、NG質問として露骨に避けるようになっています。ただし実際、会社側としては、YES・NO、の2択でなく、その女性の価値観、結婚した後は退職するのか、出産後の細かい予定を当然、知っておきたいと思っているはずです。自分の価値観をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と併せて伝えることで、面接官も考えがわかり、安心できると考えられます。ですから、たとえ、質問されていない箇所についても、あなたの側から会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いでしょう。
  • 転職をする時に面接で決まり文句のように尋ねられることが…

  • 再就職で面接で行くと必ずと言っていいほど問いかけられるのが会社を辞めたことについてですが、この質問に答える場合には話題の中心を退職した会社からそらしたほうが良いです。退職するに至った経緯を的にしてしまうとどうしても悪い面を伴った話の内容になってしまうので。ポイントとしては、なぜ前の会社を辞めたかという点をこの職場になにがなんでも入社したいという考えがあったからといった内容に持っていくべきであり、自己アピールもかねて入社したい会社に話の内容を向けていくべきなのです。転職理由でも、今面接をしている会社のことであれば悪い面ではなく良い面を押し出した辞職の事情にすることが可能です。
  • 転職の面接に出向いたときのことです。

  • 転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ赴いたときのことですたまたま会社の部屋が空きがないとのことで社外のとある場所で人事部の方と待ち合わせて採用面接を行って、そのまま解散して、面接官もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、驚くことに自宅からの最寄駅が一緒。なので電車の中でも面接を行った人とずっと話をしながら帰宅することになって、すっかり緊張がほぐれ面接よりお話が弾み、それが良かったのか何の問題もなく採用を勝ちとることができました。
  • 看護師|求人に関する情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人誌をチェックする折、デスクワークがしたいからと、製造業を見逃してしまっていますが、そういった人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勘違いしている場合もあります。実際に、製造業の求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に関する職もとても多いです。けれども、製造業の勤務場所自体、オフィス街などがある都市部からは離れていることが多いのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。そうした事には自身のこだわりを捨てることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。
  • 看護師|クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接会場に行こうとするときに…

  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接を受けに行く際には、ジャケットは着込まなくても安心であるとはっきりと言い切ることができるわけですが、ネクタイだけはしておいた方が印象が良いです。タイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている会社も存在することもなくはないですが、ことネクタイにおいてはクールビズであってもつける必要があると考えている会社が一定数あります。そのような訳で、例えクールビズで来るように言われていてもネクタイだけは着用して面接した方が印象が良いというのは認識しておいてください。
  • 看護師|現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。

  • 今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、「ヘッドハンティング会社」も増えています。「特許」を出した経験のある人は、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人以外にも、研究開発で論文を出したことのある人や、メディアで話題になった人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングっぽい連絡をもらったとしたら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。稀にヘッドハンティングと称して、登録料を請求する会社もありますが、その手の会社は100%イカサマですから騙されないように注意しましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が支払うものではありません。
  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合…

  • 求人関連の情報では、とうぜんまともな会社では月の給与等が記載されています。この部分を頭に入れる際は、注意して確認する事が大事です。数字だけ見て判断しないようにしましょう。何故かというと場合によっては、月収の中身に「毎月10時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。要するに残業代の金額を入れることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも少なくないのです。また「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあったります。このような「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。