看護師|失業したときに受け取ることができる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、…

看護師|失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業している間もらえる・・

  • 失業によって得られる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、なんとこの現実を理解していない人がいます。失業中である限り給付されると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き焦って職を探し始めても条件のよい仕事を見つけるのは難しいです。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、失業中に何をしていたかといった箇所はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ヘタをすると、面接時に失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、不合格となるおそれもあるので要注意です。
  • 近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。現在の安倍政権下では「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たな経済政策が複数、展開されています。経済政策共々日銀による「金融政策」と相まって、財界や民間企業間においても次世代の変化が生じ始めています。それもあって企業のあいだでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が深刻化しています。ちなみに「外国人の労働者」の比率を現状よりも増やしていく、と現政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用状況や転職状況も大きく変わっていくはずです。
  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど多数の転職情報が掲載されているため、…

  • 転職サイトは大手サイトの方が掲載される企業も豊富なため、2~3社あまりをとりあえずサイトに登録し、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、あとは条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと容易に転職情報を集めることが可能です。だとしても、初回に限っては登録するのに幾分か手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録初日は時間が多少掛かるため、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備を怠らないことをお勧めします。
  • 看護師|職場環境のせいで心的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況にまで悪化したな・・

  • 仕事によって回復が難しいほど精神的に相当につらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、相談するのは職場の人にするよりも自身の家族と話して、退職するか決めるといいでしょう。どうしてかというと、働くのは自分のためでもあります。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。どれだけ高給をとったからといって、メンタル面がボロボロになるほど我慢して仕事をするのは好ましいわけがありません。今の時代は、金銭的なことよりも、働きやすいことを重視する生き方も徐々に増加傾向にあります。ですから、あなたの身内、あなた自らの心身の健康を考えていきましょう。
  • 看護師|今日では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな…

  • 現代では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件関係の取り締まりが厳しくなったり、社名が公開されるなど、損をする流れになってきましたが、完璧ではありません。そこで、面接で見破る必要があります。ともかく、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それぞれの項目について質問をぶつけてみることです。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げようとすることがよくあります。特に「休日」「給与」「残業」では、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、少しでもおかしいと感じたら、その会社に入社すべきではありません。
  • 看護師|就労であるのなら、可能であれば、社内の人間に悟られないよ…

  • 在職中には、可能なかぎり会社内の人にバレないように(ちなみに私のときは)在職期間中に転身の考えだけを早いうちに会社内で話して、反応を見たことがあります。とはいうものの、その後に求人を色々と探してみたものの、悲しいことに働き先のあても転職時期さえも無鉄砲に決まらないまま、ズルズル時間だけが経過してしまいました。一方の当時所属していた会社の方は、退職に関わる引継ぎや手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、本末転倒な状況になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経験したあとで、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 看護師|友人や知人の紹介で転職する先を見つける人もいます。

  • 友人の紹介で転職の先を探すこともあるでしょう。とはいっても転職した先の労働環境や労働条件などを知っている人からの口コミを過剰に信用するのは後々問題です。なぜなら、一人の個人の口コミは主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。紹介した人にとっては、心地よい職場環境であっても、あなたの主観で見た場合、ストレスフルな場合なのかもしれません。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、最後は自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。